< 2017.05 | 2017/06 | 2017.07 >
123456789101112131415161718192021222324252627282930      

母からの手切れ金

Category : Life
テーマ : 双極性障害(躁鬱病)
ジャンル : 心と身体
ちょっとした郵便物が届く予定があって、朝から気にしていました

そう思って、朝(といっても10時くらい)コンビニに行った帰りに
郵便ポストを覗くと、一通の封書が届いていました
お母さんからでした

「あ~いつものだな」と思いながら部屋に戻り封を切ると、案の定

『今年も実家に顔を出さなくていいからね』との簡素な一筆と
小さく折りたたんだ1万円札が入っていました

私が「女性」としてレディースを身に着け、髪を伸ばし出してからの恒例行事
おまけに躁鬱を患ってる

お母さんは私にとても優しくて、性同一性障害で女性として生きる事にも
躁鬱病にも本質的な理解はしていなくても、容認してくれている
でも、それと同時に異様なばかりに世間体を気にする
まあ、お母さんはお母さんで自立した仕事を持っており、自分の世間に対する立場と言うものがある
おまけに分譲マンション住まいなので、ご近所さんとは賃貸マンションのように、希薄な関係は保てない
私としてもお母さんのテリトリーを私の都合で侵すつもりは更々ない
私の病気を理由にお母さんの生活を壊すことがあってはいけないと思っている

でも、やっぱりわざわざこういう釘を刺すような手紙が届くと、心にズンと来るものがある
ちょっと寂しいよね^^;
心配しなくても、こっちから直接顔を出すことはしないよ、ママン
そう言いながらも、毎年結構落ち込んで、今年もご多分に漏れず落ち込んで、寝逃げしてました

確かにお金には不自由してるし、お母さんにとってはせめてもの心遣いなんだと思うけど
お金なんかもらわなくても、気持ちは分かってるから、そんな事務的に感じてしまう行為はやめてほしいなあ
「このお金あげるから、来ないでちょうだい」みたいな、ね。。。
まあ、助かるから速攻財布に入れたけど……(笑)

なんか年の瀬って、ただ単に365日の1日を迎える数日なんだけど
心がざわついて、不安定になります
過ごしてきた1年をリセットして、再起動するための準備なのかな?

別に病気が治って0からやり直せるわけでもないのにね。

変なの。





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ

web拍手 by FC2

Response: コメント: 8  トラックバック: 0  Edit 12 28, 2011 Back to top
ブログパーツ

Comment

同感です

我が家では母が私に
”どうせ元旦にお墓参り行かないでしょ?”と

いつも除け者です。
母と一緒に居たくないのと
自分のタイミングで行きたいだけなんですけどね。

年末はせかせかしていて嫌ですね。

人は見た目が九割

と言うそうです。

私は病気になってから20kg太り、頭を洗うのが面倒と言う理由でスキンヘッドにしました。
それ以来どんなに混んでいる電車やバスでも私の隣に座る人がいなくなりました(涙)。

灰音さんがお母さんから受け取った手紙、辛いですね。
それでも、それを受け止める 灰音さんはいろいろ苦労なされてきたのですね。
頭が下がります。

それから相互リンクの件ありがとうございました。
あとトミヲさまははずかしいのでトミヲかトミーでいいですよ。

今年も残りわずか、風邪などひかぬ様に。

変わりに…

灰音さん、かなしいね。さみしいね。
お母さんの変わりに私がギューってしてあげたい。

tomoさま

「除け者」はちょっと心に寒い風が吹きますね
私の場合は自分のエゴを貫いてる代償ですし
母の生活圏内を脅かしてはいけないと自覚しているので
ある程度、割り切ることができているのですが……

そういえば「年末や正月にご先祖様のお墓参りに行く」というのは
全国的にメジャーな風習なのでしょうか?
高知でも行なっている人はいるようなのですが
ウチにはそう言った風習がないような。。。

娘でもあり、

障害を持つ子供の母親でもある私は、
貴女のお母さんの話に触れるにつき、
いつも自問自答しています。

私はどうだろうか…と。

幼い頃から、無条件で受け入れ愛されたいと渇望していた記憶は薄れる事はありません。
そして今、私は自閉症という強い個性を持って生まれた息子の母親ですが…
まぁ、この件に関しては、長くなりそうなので自分のとこでお話しようと思いますデス。

灰音ちん。
私はいつものように
貴女のこころや腕の傷達に、
そ…っと、手を当てて
抱きしめているよ。
ブリーチのし過ぎで増えた
抜け毛を拾いながら(笑)
(一体何本腕があるんだろう…)

トミヲさま

このブログではTitleにはどんなH.N.でも最後に「さま」を付けるのが
いつのまにやら慣習となっておりますのでそこだけはご勘弁を!
文中ではトミヲかトミィでいきますね(笑)
昨日早速ロボ地獄ノ方でブックマークにこのサイトの名前が入っていたのですごく嬉しかったです。ありがとうですトミヲ。

昨日晒した素顔ですが、あれでも病前より15~25Kg太ってます。
躁鬱病の薬には「満腹中枢」を破壊する成分でも入ってるんでしょうかね……
まあ、過食、過眠、新陳代謝の低下、不規則な生活、いろんな体重増加の要素はそろっているわけですが。

あと、トミヲ、ラミクタールに過剰な期待はしないほうがいいですよ
主な副作用にはご存知のとおり皮膚症状があります
私は半年以上かけてラミ200mg/dayまで増薬したのですが、50mg/dayの時にちょびちょび発疹が出始めて、その時は(元々皮膚が弱かったものですから)あまり気にもとめてなく、ラミの欝症状を持ち上げる力の方をとって、どんどん増薬していったわけですが、増薬のペースより耐性がつく方が早く、効果を十分に体感出来る前に皮膚症状が悪化していって、ラミを断念。今は減薬中です。
薬は、人によって「合う」「合わない」があると思いますので、これはあくまで私のパターンだったと思って参考にしてくれれば幸いです

過去記事「原因はラミクタールでした」
http://lovexxhate.blog76.fc2.com/blog-entry-997.html
の記事やリンク先、コメントなどをご参照ください
少しは参考になるかもです。
薬効を取って、副作用に悩まされる人もいますし
薬効を取っても、副作用が全く起きない人もいますし
私のように、薬効もすぐ耐性が付き副作用しか残らない人もいますし
こればっかりは自己判断に委ねるしかなさそうですね
※参考= http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se11/se1139009.html

相互リンクこちらこそありがとうございます
良い情報交換できるといいですね^^
トミヲも0.8維持のままいい年がむかえられますよ~に!


LunaBさま

うん。正直「寂しい」し「哀しい」ですけど
年々感覚が麻痺してきたのか、以前ほど堕ちる感じはしなくなりました

逆にそこまでお母さんに気を遣わすことへの罪悪感が芽生えてきたというか。。。

欲望の感じられない純粋なハグはとても素敵です
その人の温もりやストレートな愛(慈しみ)が接触している部分を通して、どんどん流れ込んでくるような。

でもきっと私は、経験上そういうことをしてもらうと、世間様に突っ張って生きている自分の歪んだ心棒のようなものが瓦解して、その場に立っていられなくなり、わけのわからない涙がとめどなく溢れて、自分を見失い、完全にその人に「依存」をしてしまう人間です。
とても弱い内面を卵の殻のようなもので自己防衛しているのです

頂いたコメントだけで、誰かに甘えたい、誰かに大事にしてもらいたい
そう思ってしまい揺らいでしまう自分がいます。
優しいコメント、感謝しています……ありがとうです。。。

monさま

monちゃまもいっぱい苦労してる
私はいつも思うんだ
「人は育てられたようにしか、人を育てられない」

「自閉症」という病名は、散々たくさんの人に誤解を招き、たくさんの認識不足の人々を生んだ
チビmon君は、不自由ながらも精一杯の自己表現をして、その理解者を求めていると思うんだ

いっぱいの愛情に育まれたmonちゃまだったとしたら、またチビmon君への対応も変わっていたかもしれない
でも、実際はそうじゃない
寂しさに溢れ、充足感を感じられないまま育ったmonちゃまには酷な言い方かもしれないけれど、monちゃま也の出来る限りの愛情表現で包み込んであげるしかないのかも、と思う
口で言うほど単純じゃないのは、小学校5,6年生の時「特殊学級」の子達とずっと過ごし、給食を食べ、遊んだ経験から分かる
迂闊に頑張れ、なんて言えないことも。。。

まあ、愛情の足りない子が親になるのは難しいやね^^;

それはそうと抜け毛やばいwww
いや、髪が白いから目立つだけなのかなあ?
妙に目に付く(泣)
年末の大掃除も兼ねて、早く出張サービスしにきて~~~
非公開コメント(非公開にした場合、匿名性を尊重しレスしない事があります)

Plofile

灰音



name:灰音(ハイネ)

Entry & comment
TOP 10 Ranking
Updated Information
あくまでも、私個人の好んで購読するブログさんの更新情報で、いわゆるリンクとは違いますので、ご了承ください。またクリック先でのトラブルについては一切当サイトは関知いたしませんので、自己解決をしてください
Category
QR
QR