< 2017.04 | 2017/05 | 2017.06 >
12345678910111213141516171819202122232425262728293031      

猫を殺(と)れ(5)

Category : KILL THE CAT
テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体
その日の夕食は八宝菜だった。初めて食べるそのドロっとした見た目は食欲をそそるものではなかった。
だが、一口食べてあまりの食材の新鮮さと味付けに驚いた。
特に青梗菜(チンゲンサイ)のシャクシャクとした食感は私を虜にさせた。
肉は鶏肉だったので食べれた。豚肉は体が受け付けなかった。
とても祖国で一般市民が食べられる料理ではなかった。

食事が終わり、私は食器を洗い、ジジィは茶の為の湯を沸かし始めた。
二人がもう一度食卓に着き、いつもの茶の儀式が始まりジジィが口を開いた。
「ハイネ、夜の勉強でもするかいの?」
「ああ。」
「同じレベルの技量をもつ殺手が殺し合いをするとき、何が命の天秤を左右すると思う?」
「ジジィが昼間話していた、殺気を隠す事か?」
「そうだの。だがそれは目標に近づくための1手段にすぎんわな。雑踏の中で目標に感づかれずに近づく基礎的な技術に過ぎん。」
「対峙したときはどうすればいい?」
「『技』に頼ってはイカンのじゃよ。戦いにおいて一番大切な事は『相手の攻撃ポイントを見切る』ことじゃ」
「?」
「次にこの間合いで攻撃が来る、と分かっていれば、防いで反撃に出ることは簡単じゃろう?」
「まあ、理屈ではその通りだな」
「あとは勝てぬ戦いからは逃げる事じゃな、はっはっは」

次の日から家事の合間を縫ってのトレーニングが始まった。
早朝から朝食まではジジィとの真剣勝負。
ジジィの縦横無尽な奔放ともいえる攻撃を見切り躱す訓練。今くる、と思った時にはもう攻撃を受けていた。
昼からは独りで山に登り、野犬や野良猫を捉える訓練。野生の獣は殺気に敏感だ。
衰え始めていた基礎体力を取り戻すのにも役に立った。
夕食後は、ジジィの座学を聞きながら、暗器の制作と使用法の訓練。ピアノ線を寄りあわせ2mmほどの直径に編み混み、長さを60cm程度に整え両方の端に輪っかを作りゴムで補強する。
相手の背後に回り込み首に巻きつけ、背負い、4~5回揺すると絶命するらしい

そんな日々が7か月ほど続いたある日、朝の訓練中に突然神経が逆立った。
(来る!)
一気に体を沈め、左足を軸に右足を地面と水平に薙ぎ払った。
ジジィはもんどりうって倒れ込んだ。
一瞬驚いていたジジィだが、何事もなかったように平静を装い、服の埃を払った
「どうやら、相手の攻撃ポイントを見切ることはしたようじゃな?」
「い、今の感覚がそうなのか?」
「ああ、だが会得と体得は違う。まだ精進する必要がありそうだの」
「はい。」
「ところで、昼間の山登りはどうかの?」
「ああ、最初は散々だったが、今は見知らぬ野犬も自然によってくる」
「ふむ。ちょっと服を脱いで見せてみろ」
すこし躊躇ったが、上官の前で裸を見せる事には北で慣れている。
上着とズボンを脱ぎ捨て、下着に手を賭けようとした時
「いや、そこまででいい」
とジジィの静止がかかった。
ふむふむ、といいながら私の体を調べている
朝の訓練で打ち身だらけの私の体は、赤、黄、紫のあざだらけで
昼の山岳修行でも、野犬に噛みつかれた傷やひっかき傷でボロボロだった

「よし、今日から2週間、訓練は小休止にしようかの。街でよく効く薬草と薬を買ってくる。ハイネは静養だ。言いつけは守るんじゃぞ」
そう言い残し、ジジィは家の中に戻っていった。
今日、やっと勝てる糸口を見つけたのに歯がゆい思いでいっぱいだった。
だが私が師父と思い教えを乞うてる以上、命令は絶対だ。
自分の部屋に戻り、ベッドに体を横たえた。
ノックの音と
「ハイネ、入るがいいかのう」
と言う声が聞こえた。
「どうぞ。」
答えるとジジィが片手に油壺を持って入ってきた。
「わしはドアの方を向いておるから、服を全部脱いでうつ伏せになってくれんかのう」
服を脱ぎ、ブラジャーをはずし、パンティだけは履いてうつ伏せになった。
「準備できたよ、ジジィ」
照れ隠しに幾分乱暴に声をかけた。
ジジィは何も言わずベッドに腰掛けると冷たい油を肩口から背中にかけて注ぐと、垂れないようにすぐに両手でマッサージをはじめた。
始めは緊張して強張っていた体が、だんだんととろけるようにリラックスしていくのが分かった
マッサージの指が足の指まで行ったとき、私は記憶が無くなった。
師父の手のひらと指はとてつもなく柔らかく暖かかった。




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ

web拍手 by FC2

Response: コメント: 0  トラックバック: 0  Edit 01 14, 2012 Back to top
ブログパーツ

Comment

非公開コメント(非公開にした場合、匿名性を尊重しレスしない事があります)

Plofile

灰音



name:灰音(ハイネ)

Entry & comment
TOP 10 Ranking
Updated Information
あくまでも、私個人の好んで購読するブログさんの更新情報で、いわゆるリンクとは違いますので、ご了承ください。またクリック先でのトラブルについては一切当サイトは関知いたしませんので、自己解決をしてください
Category
QR
QR