< 2017.05 | 2017/06 | 2017.07 >
123456789101112131415161718192021222324252627282930      

猫を殺(と)れ (17)

Category : KILL THE CAT
テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体
次の日目が覚めたのはもう昼前だった。
ミッフィーはもう隣にはいなかった。昨日の事が鮮明に思い出された。
私の存在価値
私の存在価値私の存在価値私の存在価値私の存在価値私の存在価値私の存在価値私の存在価値私の存在価値私の存在価値私の存在価値私の存在価値私の存在価値私の存在価値私の存在価値私の存在価値私の存在価値私の存在価値私の存在価値私の存在価値私の存在価値私の存在価値私の存在価値私の存在価値私の存在価値私の存在価値私の存在価値

そればかりが頭の中を駆け巡った。
ベッドの上で膝を立て壁に背をもたせ掛け煙草を何本も灰にした。
食欲はまるでなかった。ぼうっと一点を見つめて何も考えられなかった。
何もかにもがめんどくさかった。

シンとした部屋の空気を内線電話の無機質な呼び出し音が破った。
無視していたが、コール音は止むことがなかった。
仕方なく受話器を取り上げた
「……ハイネ。」
「トミーだ。サロンに降りてこないか?話がある」
「そんな気分じゃない……」
「いいから付き合え。5分でこい」

うんざりしながらも顔も洗わずに1Fに降りて行った。
サロンは他のチームがミッション終了の打ち上げをしているのか、にぎやかだった。
トミーは片隅で一人、ビールを飲んでいた。
目の前に腰を下ろした。
「……何の用だ。」
「ん、まあ特に用事と言うほどの物でもないがな」
「じゃあ、呼びつけるなよ」
「そう言うな。昨日の事で、落ち込んでるんだろう?」
「……。ああ。」
トミーの前では不思議と素直になれた。
「人にはな、それぞれ特性ってものがある。ライトにはスナイパーとしての特性、ミッフィーはメディックだ。お前にセムテックス(爆薬)が扱えるか?俺にはそれができる。」
「……何が言いたい?」
「ハイネはこの前『メインウエポンは何だ』と聞かれたとき何と答えた?」
「……。」
「何と答えた?」
「……ナイフだ。」
トミーの声が突然大きくなった
「そうだろう。ハイネにはナイフがある。今はBBBだが、俺はAAやAAAにもひけはとらないと思ってるぜ」
「ちょ、トミー。他のチームに聞こえるぞ」
「わざとさ」
案の定、サロンの中がシンとなった。
「おいおいおい、聞き捨てならねぇな。たかがBランクのナイフ使いがAAAランクに引けを取らないだと?」
長髪の金髪を頭の後ろで結った、長身の男がゆらりと近づいてきて、ドカっと私の横に腰を下ろした。
「なあ、姉ちゃん、どうなんだよ?」
缶ビールを片手に持っているが全く酒臭くない。ノンアルコールなのだろう。油断がならない。
「その腕前とやら、証明してみるか?今なら謝れば許してやるぜ?」
「お前は?」
「AAAアサシンのサイファーっていうもんだ」

私の存在価値私の存在価値私の存在価値私の存在価値私の存在価値私の存在価値私の存在価値私の存在価値私の存在価値私の存在価値

「模擬戦はごめんだ。実戦なら受ける。」
自分でも何を言っているのか分からなかった。
静まり返っていたサロンが一気に爆発した。
「いい根性じゃねぇか。30分後にハンガー裏に来い」
そういうとサイファーは席を立ってチームの方に戻っていった。
「お、おい、ハイネ。」
「けしかけたのはお前だろう、トミー。私は自分の存在価値を確かめる」
「存在価値って……」
「ここじゃ、強い物が掟なんだよな?」
「ああ。そうだ。」
「私が死んだら荷物は焼いて処分してくれ。送る先がない。準備してくる」

部屋に戻った。カバンからジジィにもらったナイフを2本取り出し、一本はガムテープでブーツに貼りつけた。
私、私、私、私、私、私、私、私、私、私、私、私、私、私、私、私、私、私、私、私、私、私、私
私の存在価値私の存在価値私の存在価値私の存在価値私の存在価値私の存在価値私の存在価値私の存在価値
私の居場所私の居場所私の居場所私の居場所私の居場所私の居場所私の居場所私の居場所私の居場所私の居場所

頭の中にはそれしかなかった、その言葉がぐるぐると渦巻いていた
部屋を出た。途中でミッフィーかライトに声をかけられたような気もしたがよく分からなかった
ハンガー裏の通称「決闘場」に時間通りたどり着いた。
もう周りには人垣が出来ていた。




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ

web拍手 by FC2

Response: コメント: 0  トラックバック: 0  Edit 01 18, 2012 Back to top
ブログパーツ

Comment

非公開コメント(非公開にした場合、匿名性を尊重しレスしない事があります)

Plofile

灰音



name:灰音(ハイネ)

Entry & comment
TOP 10 Ranking
Updated Information
あくまでも、私個人の好んで購読するブログさんの更新情報で、いわゆるリンクとは違いますので、ご了承ください。またクリック先でのトラブルについては一切当サイトは関知いたしませんので、自己解決をしてください
Category
QR
QR