< 2017.05 | 2017/06 | 2017.07 >
123456789101112131415161718192021222324252627282930      

自虐癖・ピアシング、TATOO、自傷

Category : Life
テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体
私は自分を肉体的に傷つけるのが好き。
ピアシング、TATOO、自傷……
ピアスは見える所にもするけど、他人からは見えない所にもするし
TATOOも自傷もまず人からは見えない所にするので
特段、他人に見せびらかしたいわけでもないらしい。

ピアスニードルの先端が表皮を破り、肉体をズブズブと貫く。
タトゥーマシンがジージーと小刻みな振動で、鎖骨の当たりの肉のないところを通過していくのが好き。
剃刀の刃が腕の内側の柔らかい肉を深く切り裂いて、肉と皮膚が爆ぜる過程が好き。
医師に罵倒されながら、湾曲した針でバラけた肉を縫合されるのが好き。
キシロカインの注射が自分で出来れば、縫合も自分でしたいくらい。

ピアスやTATOO、アムカの縫合痕は、ただそこにあるというだけで、特に意味はなさない。
やる、と決めてやっている最中、私の思考はストップし、そこにはただ集中力と言うものだけが純粋に存在する。
純粋なものが私はとても好き。
善悪の判断は人の主観的推論に過ぎず、圧倒的な純粋な時間と行為の前には意味をなさない。
例えば事故の寸前の無限な1秒間のように。あのスローモーションの時間は純粋だ。

自虐癖なのだろうか?安易な言葉でいえばM(マゾヒスト)なのだろうか?
自虐癖は確かに頷ける。でもMと言うのは違う気がする。
あくまでも自発的に、自分の意志で自分を痛めつけるのが好きなだけで、他人に勝手に虐められるのはただムカつくだけだ。
その証拠(?)に若かりし頃、喧嘩相手に馬乗りになって相手の顔がトマトみたいになって
私の拳に相手の折れた歯が刺さってるのに、数人に引き剥がされるまで殴り続けていた陶酔感は、今でも感触まで蘇ってくるほどの快感を私に記憶させている。あの瞬間はとても純粋だったと思う。

表現、というものもそれなりに純粋なものだと思う。
私がやってる音楽や、小説を書くこと。でも「表現」にはある程度のテクニックが必要になってくる。
音楽ならギターの演奏、物書きなら語彙や文章構成法。どちらも聞き手や、読み手を意識した行為になる。
その分、純粋なものに不純物が混じる。
だから私はその2つは好きでも下手で、いつまでたってもアマチュアのままだ。
ただ、それに「没頭」している時間はプロ・アマチュア問わず、とても純粋だと思う。

拙著「猫を殺れ KILL THE CAT」の連載が終わって、解放感は無かった。
ストーリーを練って、キャラクター設定を考え、伏線を張って回収して、資料を漁って、整合性を持たせ、行ったところもないような地域の街角に自分が立っているような感覚に陥るまで、キャラに同化し、私の中ではかなり冒険をした作品だったので不完全燃焼のまま終えたという感が否めなかった。
それを埋め合わせるために、先日新しいピアスを入れた。

また身悶えながらの作業になるかもしれないが、書き込めなかったバックストーリーやサブストーリーを書いてみようかとも思う。需要があれば、だが。上に書いていたように、バンドもライブがあるからこそ頑張れるし、物書きも読み手さんが居てくれてこそその作業に没頭でき、純粋な時間を送ることができる、と思ってるからだ。

話はそれてしまったが、要は私は純粋なものがとても好きということ。
そこには「善」も「悪」もなく、「正しい」も「間違い」もないから。

「自傷はいけない」と言う人がいた。
救急隊員の方たちに迷惑をかける、夜間診療の先生に迷惑をかける
と言う理由だった。
私の自傷は可愛らしい真皮一枚切るなどと言うものではなく、思いっ切り皮下脂肪の下の筋肉と肉まで切る
だから強烈にバンデージしてゴミ袋でもかぶせてタクシーで病院に行くことにしよう。
夜間診療の救急病院の先生はそれでお金もらってるわけだし、ERの先生はトリアージを施術の第一指針としてるから、私のような患者は後回しで結構。
これで、誰にも迷惑はかけない。はず。
私は望んだことはするし、望まないことはもちろんしない。

しいてわかりやすい表現をすると、この混沌としてノイズだらけの世界に呑みこまれながらも、自分と言う存在を自分で認識するための痛みを伴うピアシング・TATOO・自傷なのだろうと思う。
その確認行動も逃避行動もとらず、自我を認識できている方々は、相当神経が図太いか、麻痺してるか、そこまで追い詰められていないかのどれかだろうと思う。

ODも自傷も経験したことのない方にはさっぱりご理解いただけないだろう。
理解できないなら、訳知り顔で「やめなよ」とか言ってほしくない。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ

web拍手 by FC2

Response: コメント: 4  トラックバック: 0  Edit 01 30, 2012 Back to top
ブログパーツ

Comment

落ち着く・・・

私もTatto持ちですが・・・
彫られている時、何故か物凄く安心しました。
ホワーっといい気分でしたよ。
なんなんだろう?
私も自虐癖な気がします。

ピアスは開けたい(開けていた)んだけど、
いきなり金属アレルギーになってしまって、
全部閉じてしまいました。

そう言えば、前にフープ型のピアスして、
スタンディングのLive行ったら、
誰かの髪の毛にピアスが絡まってしまって、
そのままブンッって耳たぶ裂けたの思い出しました(笑)
全く痛くなかったけど。
それ以来、耳たぶはいびつになってしまったよ(/_;)

miffyさま

やっと自分の望む体になっていくって感じでしょうかね
足りなかった部分を補うような充足感があると思います。

ピアスの金属アレルギーは一回その金属で(例えばシルバー)で起こしちゃうと
他の部位でも起こしちゃうから厄介ですよね。
今は比較的アレルギーの少ない医療用の金属や、樹脂製のものもありますし
もう一度トライしてみてはいかがですか?

ピアスに髪の毛絡まって、ちぎれちゃうの良くあります(笑)
私、高校の時、もっと細いリングのピアスしてて、教師に引きちぎられたことがあります。
ライブと学校にはいいピアスしていってはだめです^^;

こんばんは 灰音さん。 小説が 終わって
しまい 毎日の 楽しみが 一つへりました(泣)

私も 金属アレルギーです。 私のは 足のうらが 火傷状態に なります。変でしょう?
皮膚科に 要ったら 開口一番 歯医者か
針治療に いってなきか 質問責めでした。 そう言えば どっちも 行っていました。 針のあとは いつまでも ぐぢぐぢ 膿を持って なおならかったです。

のこりは 歯の詰め物、 これは 莫大な費用が かかるので あきらめました。

金属アレルギーにも 色々あるのですね。
毎年 それからは 足が ケロイドです!

灰音さんね 調子の良いときに 又 執筆なさって 下りませ。
その日を 楽しみに しております。

ricacoさま

こんばんわ、ricacoさん。
そう言ってもらえると作者冥利に尽きます。

歯の詰め物やかぶせ物、針治療なんかでも金属アレルギー起こるんですね。
それは考えもしなかったので、驚きです。
症状が足の裏に出るとなると、相当苦しそうです。
私は、金属を体内に取り込んだその部位にのみアレルギー反応が出ると思っていたので驚きです
歯の詰め物とか言われても、普通の保険適用だと銀ですしね……
毎年症状が出るとなると、想像するだけでげんなりしてきてしまいます。

物語の方は、もうしばらく様子を見て書き始めるかどうするか決めようと思っています。
その際にはまた是非応援してくださいますようお願いいたします
非公開コメント(非公開にした場合、匿名性を尊重しレスしない事があります)

Plofile

灰音



name:灰音(ハイネ)

Entry & comment
TOP 10 Ranking
Updated Information
あくまでも、私個人の好んで購読するブログさんの更新情報で、いわゆるリンクとは違いますので、ご了承ください。またクリック先でのトラブルについては一切当サイトは関知いたしませんので、自己解決をしてください
Category
QR
QR