< 2017.05 | 2017/06 | 2017.07 >
123456789101112131415161718192021222324252627282930      

後遺症

Category : Life
テーマ : 双極性障害(躁鬱病)
ジャンル : 心と身体
闘い終わって日が暮れて。
闘った方々の黄昏がコミュニティーを包んでいるような気がします。
いつまで続くかわからない戦士たちの休息。

私を襲っているのは、虚無感、虚脱感、疲労。
怒りや憎悪を燃やし尽くした後の徒労感。
達成感何て言うものはなく、次の襲来に備える警戒心だけが募る。

共に戦った方々も、同じように感じてるんじゃないだろうか。

私も精神障害者だけど、人並みには傷つく。
人を傷つけるという事は、同じくらい自分も傷ついてるんだと思う。
ただ、それに自分自身が気が付いてないだけ。
風蘭を傷つけたとは思っていない。
同じ痛みを味あわせただけ。
害毒を排除しただけ。

それなのに心が重い。
食欲がない、夜眠れない。眠るときでも部屋の電気を付けて眠るようになった
鎮痛剤を飲み続けている。
肉体は疲れ切っているのに、神経がチリチリ焦げてる。

いまここに剃刀があれば間違いなく自傷するだろう。
それくらい神経が参っている。

一緒に戦ってくれた皆、本当にごめんなさい。
私がこんな弱音はいてちゃ駄目だよね。

気分転換に明るい記事を2本UPしたけど
見上げる空は見渡す限りの重苦しい曇天で。
これが、後遺症って奴なんだろうか?
奴を駆逐したことには何の罪悪感も感じていないのに
この晴れない気持ちはなんなんだろうか。
誰かに分析してほしい。

今は自己判断能力が著しく低下しているから。




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ

web拍手 by FC2

Response: コメント: 25  トラックバック: 0  Edit 02 09, 2012 Back to top
ブログパーツ

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

具申

いずれ再戦てこともあるんかなとは思いますが
今は完全に戦闘装備を外す時であると、小官は愚考する次第であります。
再武装は野郎が舞い戻って来てからでも十分間に合います。
まず、再戦予期の緊張感から御自身を解放して下さいまし。
そして、多少時間はかかるかと思うですが、
ゆるりと心身の疲労を癒してまいりませう。
焦らず、ゆるりと。

灰音さま
お疲れさまでした。張りつめていた緊張の糸が。。。って感じなのですかね。
私たち病んでいる者のために戦っていただきまして本当にありがとうございました。
観戦(応援)しかできなかった弱虫の私でも、神経が高ぶっていました。
今は、安堵感をおぼえるのと同時に、空虚な感覚が襲ってきたような気がします。
灰音さま、トミヲさまにおかれましては、さぞお疲れのこととご察しいたします。
安らぎの中で気を楽にしてゆっくりと充電をなさっていただければと思っています。

もっと優しく、もっと思慮深く

正直な感想だと思います。
いやむしろ私は若干の罪悪感を抱いています。
風蘭氏の身から出たさびとはいえ、一つのブログを閉鎖まで追い込んだことに間違いはない。
もっとほかに道はなかったのか?
みのさんのブログを改めて読んでみました。
やっぱり謝罪してもらって、皆が寛大にそれを受け止めるというのが最良の道だったのかもしれません。
謝罪しなかった風蘭氏を説得できなかった自分の力のなさを感じていて、少し後味が悪い。

風蘭氏のブログ閉鎖後の皆さんの記事は意識して平静を保とうとしているように感じました。
少なくとも私の記事はそうです。でも、きっと、しばらくすれば落ち着くでしょう。

私たちは、言葉が諸刃の剣であることを十分に思い知ったと思います。
そして、多くの人はそれを自分自身に当てはめているんじゃないでしょうか?

第2第3の風蘭を出さないためにも、思慮深くなる必要があるのかもしれません。

鍵コメさま

同じように
「自分のあの記事が……自分のあのコメントが……」
と感じてらっしゃる方も多いと思います。
しかし、彼の取ったリアクションはどの記事どのコメントに対しても
独善的な判断でによって記述された反応を返されていました。

「社会貢献」
これはウィキペディアからの引用であり、引用元も明記されていない情報ですが
頷ける一面があったのでここに記させていただきます

社会貢献とは、法人または団体、個人による公益或いは公共益に資する活動一般を意味し
はじめから社会に資することを目的として行う直接的な社会貢献と特定の事業や行為をすることが結果として社会貢献につながる間接的な社会貢献とがある。 何を以って社会に資するというか、具体的な事例にもより、明確な価値判断の基準、或いは合意がないことも多く、しばしば、独善的な価値を含む場合もある

私も・・・

灰音さんの記事を読んで、私だけじゃなかったか・・・と。
自分だけが弱いのかと思って、恥ずかしいからこっそりアメンバー記事にしたんだけど。

風蘭氏のしたことは間違っているし赦せない、それは事実。
そして風蘭氏から謝罪の言葉はなかった。傷は癒えない。

しかし彼から謝罪を引き出すことができなかったのは
北風と太陽の、太陽になれなかった私自身ではないか。
他の闘い方はなかったか。
そんなことを思います。

灰音さんは先頭切って闘ってたのだから、疲労もハンパないと思います。
ゆっくり休んでくださいね。

鍵コメさま②

はじめまして。
コメントありがたく拝読させていただき、優しき言葉の数々に
温かかみと安堵感を抱いております。
是非また遊びに来てくださいね
楽しみに待っております。

正義と云う名の諸刃

以前に何度も経験がある。

正義の名の基、諸刃の刃を振り翳し、気付けば自らが返り血を浴びて、つかの取れた刃を握りしめ両手は深い傷を追う。


あの時の私のこころ持ちに似ているんだろうか…


碧さんやみなみさんが仰るように…氏からこころの底からの謝罪が欲しかったけれど、それが得られなかった事が悔やまれるからか…


灰音ちん、いつも見守らせて貰っているよ。
それ位の事しか出来ないへっぽこだからさ…

禮人さま

「よう、ハイネここにいたのか」
「ああ……ライトか」
「横いいか?」
「うん」
「こうやって寝転ぶと、星がきれいだな~」
「ああ、空気が澄んでると星が瞬かないってのは本当みたいだな。すごい数だ」
「だな~。一杯つきあうか?」
「ん?酒保からパクってきたのか?上物じゃないか。でも、私はいいや」
「そっか~。」

「……終わっちまったな……ライト。」
「……ああ。終わったな~」
「ライトはこれからどうするんだ?」
「ん?俺か?国に帰って鴨かヘラジカでも猟して暮らすよ~」
「そうか……」
「ハイネはどうすんだ?これから」
「いや……何も考えてない。というか何も考えられないよ」
「うん。そうか~」
「結局、私らが戦っていた相手って何だったんだろうな?」
「そりゃ、敵だろ?」
「敵つってもさ色々あんじゃん?個人とか、思想とか、イデオロギーとか……」
「……まあな。でもそこまで深く考えるなよハイネ。銃を向けてきた奴が敵なのさ」
「そうかもな……」

「う~寒っ。砂漠の夜は冷えるぜ。兵舎に帰って暖かいベッドに潜り込もうぜ、ハイネ」
「ああ、先に行っててくれ。私はもう少しここにいる」
「分かった。あんまり考えすぎるなよ、ハイネ。今日はもうアラートもかかんねえ。
戦いは終わったのさ。思いつめるとここんとこがイカレるぜ」
ライトは自分のこめかみをトントンとノックした。

レスが思い浮かばなかったので心境をストーリーにあてはめてみました。

Turky12+αさま

Turky12+αさま、初めまして(かな?)コメントありがとうございます。
ワイルドターキー12年物。+αは何だろう。
私は皆の代弁者になったという驕りにも似た感情は全くなくて
Turky12+αさんを含めた、見守ってくれていた方々も決して「弱虫」だなんて思いません
「怒れる沈黙者達」と思い、心強い後方支援を受けていたと感じています。
決して感謝などしないでください。
私はやりたいようにやったのみです。
このエゴがいつか皆さんの反感を買う日が来るかもしれません。
個人のレジスタンスな活動がトミヲという巨大な存在と結びつき、大きな運動に繋がりました。
そして「怒れる沈黙者達」皆さんの大きな不可視の支援のおかげでこうした結果が出ました。
日数にしてみれば1週間足らずの短い期間にどうやら私は放電しきってしまったのかもしれません
長い時間をかけて再充電しなくてはいけないのかもしれませんね。

みなみさま

お姉ちゃん、いつもコメントありがとうございます
正直な気持ちを記事にしてよかったと思います。
でも生意気ながらちょっとだけ反対意見があります。

>やっぱり謝罪してもらって、皆が寛大にそれを受け止めるというのが最良の道だったのかもしれません。
BBSの魚拓群や、彼のブログでの言動を再確認してください。
あのような人間に「謝罪」されても(もしたとえそれが本心であったとしても)
私達にそれを素直にホイホイと受け止めることができたでしょうか?
私はそうは思いません。
その場を取り繕うだけの謝罪を何度も彼は繰り返し、すぐまた助長した言論を展開してきた人間です。
「口先だけなら何とでも言えるぜ」
そう思ったと思います。
私達は様々な選択肢の中から最善の選択をした、そう思いたいし
そう思わないとやり切れません

お姉ちゃんは心根の優しい人ですから「もっと優しく、もっと思慮深く」と思われるのも無理ないと思われます。
でも、それは「一欠けらでも良識のある方々」に向けられるべきであって
あのような輩に向けるべき価値もない優しさだと思います

この「自分が正義(嘘くさい意味の分からない言葉ですが)と信じて疑わない」私もどうにかしているとは思います。
彼にも彼なりの「正義」があったと思います。
お互いのエゴのぶつかり合いの闘争だったのではないでしょうか。

残ったものは何だったんでしょうね?



碧さま

碧さん、おはようございます。

皆、たぶんきっと弱いですよ。
書くか、書かないか。言うか、言わないか。それだけの差だと思います。

「北風と太陽」
彼には太陽すらも意味をなさなかったでしょう。
幾度にもわたり、コミュニティー内で問題を起こし、その度に口先だけの謝罪をし
自分を悲劇の主人公に仕立て上げ同情を買い、生きながらえてきた。
そんな腐ったチンピラの口から、命乞いと謝罪の言葉が漏れる前に
口に銃口を突っ込み、引金を引いた。

私はこれで良かったのだと思います。
こっちの傷跡からはまだ血が流れ出していますが
彼を消したことは間違いじゃなかった。
彼の謝罪を聞いたからと言って、傷がふさがるわけではないと思います
嘘くさい方便じゃ、絆創膏代わりにもなりません。
むしろ聴かなかった方が良かったかもしれませんよ。

私はそう信じて疑わないのですが、なんでこんなに心が薄ら寒いのか。
自分でも理解不能な心境にさいなまれています。

monさま

monちゃま、おはようございます。

「正義」って言う言葉は私をとても気持ち悪くさせます。
9.11のイスラム原理主義過激派のコーランにのっとった「正義」
それに過敏に反応して大国の「正義」を振りかざして何万もの民間人を含む人間への虐殺行為。
知ってますか、あの大国のパイロットはMP3プレイヤーを聞きながら、口笛を吹いて民間人を爆撃して「ブラボーッ!」と歓声を上げていたことを。

それぐらい「正義」っていうのは得体のしれない不気味なものだと感じます。

私は自分が正義なんて微塵も思わないし、やりたいようにやっただけ。
それでも一人の人間を消すという事は、自分の中の何かが同時に死んでいくようで……。
この胸の痛みはどこから来るのか……
理由は分からないけれど痛みを感じるのは事実で
この痛みを何も感じなくなったら、もうヒトとして終りなんじゃないかなって思います。

罪悪感がなくとも

人は人で、
ひとつのブログを消したこと、謝罪が最後まで聞けなかったこと
色々あるかと思いますが…(しかも復活してるし)
後味の悪さも一因じゃあないかと…ぼんやり思う次第であります

最前線で切り込みをしていた灰音さん、お疲れなんでしょう、間違いなく
僕のような若輩者の言葉は、どうしても薄っぺらですが…
お疲れさまです、そして、しばらくネガティブなままでもいいじゃないですか
落ち着くまで、一緒にのんびりいきましょう

深層心理なんて、誰にもわかりゃあしないんです、きっと

瞬さま

瞬くん、こんにちは。

やっぱり少し疲れちゃってるのかもですね

同じWeb上に言葉を刻む者として年齢の差はあんまり関係ないですよ
瞬くんの言葉もしっかりと私の心に響きます
ありがとうね

ある日建物が取り壊されて
「あれ?ここ何が建ってたっけ?」
ってふと通りを歩いて思い出せなくなるぐらいになるまで、しばらく時間かかりそうです。

愛情

きっと、色んな意味で灰音さんの
愛と情が深いからだと思うけど…。
だからみんなもLOVE♪なんだと思うな。

罪悪感か、寂しさか

以前から灰音さんと彼のバトルをハラハラ遠巻きに見ていましたが、
灰音さんが一番ご存じな通り、彼は口先の謝罪はしても
心から自分のしたことを反省したり、相手に悪いことをしたと心から謝罪することは決してないでしょう。
元からそういう発想が欠けているように思われるのです。彼という人は。

それに、今回、彼は言葉の凶器をあまりにも振り回しすぎました。
あまりにも多くの人を傷つけてしまった。
今回彼に対抗して大勢で協力したのは正しかったと思います。
これ以上の犠牲者を出さないためには、そうせざるを得なかったのです。

しかし、あれだけブログ村とランキングに異常に執着していた人でしたから、
彼にとってはそれこそ世界を呪っても呪いきれないほど悔しい大事件でしょう。
そこに彼が今までも今回も傷つけた人への配慮や、罪悪感は全くないでしょうけれど。

多分灰音さんは以前からあの人とぶつかっておられても、どこかに愛のようなものがあったから
あんな人でも、彼が必死に執着していたものを奪ってしまった、という罪悪感が
心を揺さぶっているのかもしれませんね。
それとも長年の天敵が消えてしまった一抹の寂しさのようなものが。

大丈夫ですよ、きっと時間も解決してくれるでしょうし、
恐らく彼は予告していたように、怒りのパワーだか呪いのパワーだかで、そのうちまたどこかでまた暴れだすでしょう。
多分、ネット上で注目されないと生きていけない人なのだと思います。

彼がまた出現するのが、ブログ村でないことを祈りますが…。

なんだか知った風なエラそうなことを書いてしまってすみません。

LunaBさま

LunaBさん、こんにちは。
いつもコメントありがとうございます。
確かに1対1でやり合ってた時には愛情、にも似たなんらかの感覚があったのかもしれません
何らかのそういう感情が無ければ、わざわざディスったりしませんし
完璧に無視をしていたと思います。

投票を興味本位で設置してみましたが
「love♪」への投票が私の予想をはるかに超えていてこそばゆく恥ずかしい気持ちでいっぱいです。
VOTE(投票)数が100に達したら、急いで消しちゃおうと思っています。

sallyさま

sallyさん、こんにちは。
上のLunaBさんのコメントにも書きましたが1対1の時は
私の中にも何かしらのプラスの感情があったと思います。

でも今回彼はやりすぎた。
見せてはいけないものを、このカテゴリーに居る方々がみんな持っているけど
心の奥底に封印している見てはいけないものを見せてしまった。
私の心に宿ったのは、憎悪と義憤でした。
彼の本質が見えてしまった。
消去しなくては。そう思いました。
そこにもう愛情は存在しませんでした。

消去。消去。消去。消去。

全てが収束に向かっている今、私が感じているこの気持ちがやっと分かりかけてきました。
彼の存在は、私の持っている他人には絶対見せられない暗闇の具現化の象徴だったのではないでしょうか?
彼を消し去ったことで、自分の自身でも見たくなかった暗闇をも削り取ってしまった。
その痛みと出血で苦しみを味わっているんじゃないでしょうか。
そして私が第二の風蘭になりはしないかと言う恐怖。

どうかその兆候が見えた時には、私に遠慮することなく警告してください。
心からのお願いです。

またの再開を楽しみにして

灰音さん心配有難うございます。
私もブログ村削除されたみたい。

以前、うつ病カテも酷く荒れていて、それに立ち向かった人も、荒らしのブログも一緒に削除された事が有るのですよ。
なので、戦いに入る前からある程度、予想はついていたのです。
まぁ、ブログ村からしてみれば喧嘩両成敗と言う事なのでしょうね。

私には一つ申し訳ない気持ちが有るんだ。
風蘭の国金に対する計画自己破産、国金も調査に入ったみたいだし詐欺罪に問われれば200万円+追徴金が課せられるでしょう。
彼も50前後で再就職した身、そんなに給料も貰っていないだろうし、病気でそんなに貯金もないだろうし、彼の家族に迷惑をかける事になっちゃったかなぁって。
だから、当然の報いなのです。

今後の身の振り方は、ゆっくりと考えてみます。
でも、もっと躁うつ病カテで灰音さんと絡みたかったなぁ。

ブログは何処ででもできます。
再開したら真っ先に灰音さんに連絡するね。
「ロボ地獄」 梅沢ロボトミヲの名は捨てないよ。

それじゃ、暫くの間お別れを、アデュー。

梅沢ロボトミヲさま

トミヲ……そんな理不尽なことあっていいのか?
頭の中が「?」マークでいっぱいだぞ?
村は何考えてるんだ?何で私はのうのうと生き残ってる?
喧嘩両成敗?
表づらだけ村が平和ならそれでいいのか?
通報したら削除ってなんだよそれ。
脅しじゃないか。なんでトミヲが見せしめみたいな目に合わなきゃいけない?
絶対理不尽だ。
なんでそうなる?なにか狂ってる。

確かにブログはどこでもできるよな。
これが村長の意向というなら、私も村から出ていくよ。

早まらないで

灰音さん、村から出たら駄目だよ。
灰音さんは、躁うつ病カテのみんなの心の糧になっているから。
思い直して。

私は、ブログ村登録削除になった事にダメージは受けてないよ。
それに、躁うつ病カテの皆さんともコメントで交流できるしね。
本当はね、大きくなりすぎたブログに対応しきれずに休養宣言したのも有るんだ。
私のブログの初めての読者さんで、知り合いもいっぱいできたしブログ村は卒業しますって人がいたんだ。
それを読んだ時、そういう考えもあるなぁって感じたのよ。

だから遅かれ早かれ、私はブログ村を卒業していたんだと思う。
今回の事は、たまたまそれが早まっただけ。

だから灰音さんは、私の代わりに躁うつ病カテに残って。
まだまだ風蘭の与えた傷は、躁うつ病カテにウィルスの様に残っているよ。
私も消えて、灰音さんも消えたら、傷ついた人の心の回復も遅くなると思う。
灰音さんが躁うつ病カテのランドマークになって、みんなを安心させてあげて。
灰音さんがいるだけで、躁うつ病カテの皆さんの安心感は全然違うんだから。

だからと言って、躁うつ病カテを背負うなんて責任感は感じず、いつもの灰音さんの様に好きな事を書いて下さい。
灰音さん、お願いいたします。

言ったこっちゃない

だからこうなることは初めから解っていたんです。
灰音さんも集団心理を担いだ首謀者です。

潔く辞めるべきです。
そうしないと、何時まで経ってもこの争いは終わりませんよ。

勇気を持って責任を取って頂きたいと思います。
それが静観していたブロがーさん達の謝罪でも有るのですから。

通りすがりさま

奇しくもF氏と同じ長崎からの携帯端末でのアクセスありがとうございます。
同郷だと

>灰音さんも集団心理を担いだ首謀者です
>それが静観していたブロがーさん達の謝罪でも有るのですから。


文章や、誤変換、個人の意見を全体の意見のように発言する癖は似るのでしょうかね?(笑)

あなたに断罪される謂れは全くないですが、一意見として参考にさせて頂きます
非公開コメント(非公開にした場合、匿名性を尊重しレスしない事があります)

Plofile

灰音



name:灰音(ハイネ)

Entry & comment
TOP 10 Ranking
Updated Information
あくまでも、私個人の好んで購読するブログさんの更新情報で、いわゆるリンクとは違いますので、ご了承ください。またクリック先でのトラブルについては一切当サイトは関知いたしませんので、自己解決をしてください
Category
QR
QR