< 2017.05 | 2017/06 | 2017.07 >
123456789101112131415161718192021222324252627282930      

砂の上の城~障害者には障害者の幸せが

Category : Life
テーマ : 幸せになる方法
ジャンル : 心と身体
昨日の夜は2週間ぶりにへべれけちゃんと、夜の街に繰り出しました。
二人は、隔週この日のために、日ごろから生活費を切り詰めて暮らしています。
へべれけちゃんの家から、街までは路面電車で200円で行けます。
昨日の夜もへべれけちゃんは相変わらずへべれけに酔っぱらっていました。
私は、行きつけの店の常連さんと話に花が咲いて楽しかったです。

通院先の臨床心理士さんが言うには、人間の脳みそというのは基本騙されやすいのだそうです。
そんな馬鹿な、と思っていた私も今では鏡に向かってニコっと笑うことで、鬱気味の時には助けられています。
なので、ハッピーなイベントを作ってあげて、気持ちを持ち上げることは重要なことなのだそうです。
今の私は、隔週金曜日の夜がそれに当てはまるのかな、なんて考えたりします。

思うに、健常者さんには健常者さんの日常があって、それなりに幸せも、その逆もあるのだと思います。
同様に、障害者にもそれなりの日常と苦しみと、ちょっぴりの幸せがあると思うのです。
もちろん苦しいときの方が多いですが、過去の私のように苦しみもがいて悲嘆しているだけでは、いつまでたってもそこから抜け出せないと思います。
激鬱の人に実行しろなんて、とても言えませんが、まだ軽めの鬱の方は是非自分へのご褒美だと思って、なにかハッピーな事を考えて実行してみてはいかがでしょうか。

偉そうに色々書きましたが、長い目で見ると所詮は砂上の楼閣。
いつ崩れるかもわからない舞台の上でダンスし続けるしかないのだと思います。
それでも、鬱の苦しみを少しでも和らげるために、と思って記事にさせていただきました。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ

web拍手 by FC2

Response: コメント: 4  トラックバック: 0  Edit 05 07, 2016 Back to top
ブログパーツ

Comment

おはよう、灰音さん。
障害者同士のカップルを、私の周りには、数人いて、知ってます。
楽、みたいですよ。
私の場合は、健常者と障害者、なので、意思疎通が、、、もどかしい、かな。
今日も、病院です。今から。まだ、心の準備が出来ていないから、カウントダウン中です。
採血だけだけど。洗濯干して行って来ます。

おはようございます。
私は臨床心理士は苦手ですが、ハッピーなイベントは良いですね。
前のブログでも思ったんですが、切りつめて貯めるという発想がありませんでした。
100円玉貯金でもやってみようかな。
とにかく使い切っているもんで・・・。
ブログ勉強になりますね。ありがとうございます。

かのんさま

こんにちは。いつもコメントありがとうございます。

障害者同士のお付き合いは、楽なときもあれば、お互いがダウンしちゃったときとか、良い面悪い面両方あると思います。
共依存とかね。
でもかのんさんがおっしゃられるように、意思疎通はできると思います。
私たちの場合は同じフロアで6ヶ月近くいたので、お互いのダメなときや、苦しい時を見て、すでに知ってしまっているので変に恰好つけることがなく楽です。

狂月さま

こんにちは。いつもコメントありがとうございます。
狂月さんにとってハッピーなイベントは
良いかんじのお姉さんのいるお好み焼き屋でハイボールを飲むことなのかな?
それだけでも十分なリラックス効果と気分持ち上げ効果があると思いますよ!
でもやっぱり先立つものがないと、しんどいですよね。
お金があればあるだけ使うというのも、精神障害の一つの症状だと思います。
特に、躁の時期によくみられる症状ですが…。
狂月さんはそんな感じをブログ記事を拝見させていただいても受けませんし。
何なのでしょう。
でもお好み焼き屋さんに行くためと思って、ちょっとずつでもお金を貯めるのはいいことだと思いますよ^^
非公開コメント(非公開にした場合、匿名性を尊重しレスしない事があります)

Plofile

灰音



name:灰音(ハイネ)

Entry & comment
TOP 10 Ranking
Updated Information
あくまでも、私個人の好んで購読するブログさんの更新情報で、いわゆるリンクとは違いますので、ご了承ください。またクリック先でのトラブルについては一切当サイトは関知いたしませんので、自己解決をしてください
Category
QR
QR