< 2017.03 | 2017/04 | 2017.05 >
123456789101112131415161718192021222324252627282930      

【実録】躁うつ病様に捧ぐ

Category : Life
テーマ : 「生きている」ということ
ジャンル : 心と身体
私達は皆、それぞれが異なった形の小舟に乗せられ
大海に漕ぎ出した漂流者と例えてみる。
エンジンは外見だけはピカピカだが中身はボロで、舵もうまく利かない。

目的地はどこだろう。
海図もコンパスもない中、あてもない航海を続ける。
いい車に乗ること。素敵な家を建てること。財産を成すこと。
そんなのは目的地とは言えない。ただの寄り道だと思う。
私が言いたいのは最終目的地だ。

幸せな死だろうか。それもいいかもしれない。
甘美な香りに誘われて、小舟から海に飛び込んでしまう人もいる。
だが、結局のところ目的なんかは二の次でいいのだ。
航海し続けることに意味がある。

エンジンが壊れたら、満足な修理道具もない船では航海ができなくなる。
そんなときはオールでゆっくり漕げばいい。
あるいはボロ布で帆を張って風任せに進めばいい。
船に寝そべって、夜の天空の星々を見て何かを感じ、真昼の抜けるような青空に涙すればいい。
海鳥の鳴き声を聞き、頬を撫でる潮風を五感で体感すればいい。

隣をすごいスピードで駆け抜ける最新鋭のボートが駆け抜けても羨んではいけない。
私には私のペースがあるさ、と昼寝を決め込めばいい。
嵐の夜も、凪の日も、口笛を吹いて大空を見上げればいい。
壊れたエンジンは誰にも直すことはできないのだから。

どこかの島にいい修理工場があって、エンジンを見てもらうとする。
島一番の修理工がエンジンを見て「こりゃダメだね」と言いつつ、直そうとしてくれる。
「とりあえずは動くよ。でも、朝昼晩にこの油をさすのを忘れるなよ」
修理工は山盛りの油の束をくれる。

船は動き出す。でも以前の動きとは比べ物にならないほど愚鈍だ。
油を毎日挿す。いくらかはまともに走っているように見える。
でもふと気づく。なんでここまで苦労してエンジンを動かさなきゃいけないんだ。
前のオールで舟をこぐペースでいいじゃないか。
いう事を聞かない舵にしがみつく日々でいいじゃないか。

目的地なんて四方を眺めてもありはしない。
この小舟で大海をさまようことが目的だったんじゃないか?
もしかして、私はこの島の周りを延々回ってただけじゃないのか?
でも、私は航海で見た様々な景色を忘れることはないし、これからも見ていくことになるだろう



コメントを残すには長すぎて記事として取り上げさせてもらいました。

【実録】躁うつ病さんのサイトはこちらです


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ

web拍手 by FC2

Response: コメント: 3  トラックバック: 0  Edit 05 14, 2016 Back to top
ブログパーツ

Comment

名文

名文メッセーッジありがとうございます。

私へのメッセージかと思って読んでいたら、そうだったのですね。
私は一般的には大転落しましたが、そこに辛さは無いんです。
ただ、将来の不安があるだけ。
一番辛かったのは、意味の無い仕事で会社に拘束されている時間でしたね。
俺は、こんな時間のために生きているんじゃない、と思いました。

いまのところ、後悔の無い航海をしています。
何度も座礁しましたが。

なぜ生きるのか。
そこに世界があるから。
目的なんて張り子の虎。

長いコメントになって、ごめんなさいです。

追伸

せっかの素晴らしいメッセージをコメントで汚したようで反省しています。
今の私も十分に辛いのですよね。
それなのに、軽すぎるコメントで、消そうかと思いましたが、それも実録。
その辺が不人気の秘訣ですね。
気分が不安定です。
コロコロです。
どうもすいませんでした。

狂月さま

いえいえ、とんでもないです。
狂月さんの「実録」と私の「むきだし」は
ありのままの感情を文章にして吐き出している点で似ていると思います。
狂月さんからのコメントありがたく拝見させていただきました。
かえって、勝手に記事にした私の方が恐縮してしまいます。
これからもよろしくお願いいたしますね。
非公開コメント(非公開にした場合、匿名性を尊重しレスしない事があります)

Plofile

灰音



name:灰音(ハイネ)

Entry & comment
TOP 10 Ranking
Updated Information
あくまでも、私個人の好んで購読するブログさんの更新情報で、いわゆるリンクとは違いますので、ご了承ください。またクリック先でのトラブルについては一切当サイトは関知いたしませんので、自己解決をしてください
Category
QR
QR