< 2017.03 | 2017/04 | 2017.05 >
123456789101112131415161718192021222324252627282930      

診察で撃沈。

Category : Life
テーマ : とほほ・・・な日々
ジャンル : 心と身体
昨日は月に一回の通院日でした。
主治医の診察⇒臨床心理士との面談⇒薬局のルートなのですが
軽く鬱入っていたので約4時間のこのコースを巡るだけでぐったり。
帰ってきて、夕食も摂れないで寝込んでいました。

主治医も臨床心理士もあと1か月で例の3か月ルールが適用されるので
また入院したらどうかという意見でした。
でも私的にはまだ行けると思うし、ブログも書けてるのでそんなに精神状態は悪くないと思うのですが…。
なにかプロの目で見ると、危険性を感じるのでしょうかね。

感情の平たん化、はあると思います。
でも、今まで一人で暮らしてきて、いきなりへべれけちゃんとの同棲、デイケアという大人数コミュニティーへの参加と環境が変わったので自己防衛のための感情の抑制は仕方ないことだと思います。
平坦化というよりはふさぎこんでいるように感じられたのかもしれません。

「目が生き生きとしてないね」
主治医に言われました。そんな、目の生き生きとした躁うつ病患者がいるでしょうか。
でも、調子のいい時とは明らかに目の色が違うといわれました。
まあ、ちょっと先日のデイケアの件もあったし、落ち込み気味ではありました。

かといって、即入院を勧めるという判断にも疑問を感じます。
それだけ危険人物ということなのでしょうか(泣)
確かに入院は、別世界です。完全に保護下に置かれますし、薬の管理もしてくれます。
でもそれじゃ、延々そのサイクルから抜けることができなくて、自分の生活はできませんよね。
敢えて「自立」なんて大仰な言葉は使いませんが。

今日の高知も青空です。
澄み渡っています。
なのに私のお腹のあたりにはぎゅっと握りつぶしたような固いしこりが残ります。
医師には自分の言葉の重みを深く感じ取ってほしいです。
一言で、患者の気持ちが曇ります。沈みます。頑張る気力を削がれます。

あと1か月でどうにか体調と精神面を持ち直してみたいと思います。
(というか、それ程悪くないと思うんだけどな)
それでも尚、医師が入院を勧めるならそれもやむなしかと。
踏ん張りどころです。応援よろしくお願いいたします。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ

web拍手 by FC2

Response: コメント: 4  トラックバック: 0  Edit 06 02, 2016 Back to top
ブログパーツ

Comment

おはようございます。

同棲生活、もう1ケ月になるのですね。つい、数日前のような気がしていました。
入院勧告、辛いですね。
デイケアが始まったばかりなのに。
でも、病院や医師との信頼関係があるのは羨ましいです。
一人暮らしが厳しい私は、調子が悪くてもすぐに入院できる病院がありません。

まだ、1ケ月余裕があるのですね。
それまでの間、無理をせずお過ごしください。
私は今日は、朝から酒です。

おはようございます。

休養どころか、大変な一日でしたね。
なかなか落ち着いた心でいられず、こんなに疲れてしまえば
生き生きできないかもですね。
慰められたり、ほっとするような言葉があるといいのですが。

私の場合は遠回しに伝えられても真意を読み取るのが難しいので、
ズバッと単刀直入に言ってもらう方がありがたいのですが、
灰音さんの場合はもっと配慮があってもよさそうですね。
このままだと入院…と思うのは心が暗くなる要因にもなりそうですし。
(文面からだけだと、ちょっと落ち込んでおられるかなとしか思えないのですが。)

すみません。もっとお辛いかもしれないのに。
うまい励ましの言葉が見つかりません。

こんな時になんですけど、
灰音さんがしてくださった嬉しい質問にお答えします。
私は、
一人暮らしだった私の娘がもらってきて、手に負えなくなったわんこ、
ブリーダーさんからの保護のわんこ、
別のブリーダーさんからの預かりボランティアをしているわんこ、
また別の保護団体より預かりボランティアをしているわんこ、
それからわけあって預かって、主人の実家にいるわんこ、
3年前に亡くなった母のもとから引き取ったにゃんこ、
近所の保護したノラにゃんこ、
かかりつけの動物病院の近くで保護したノラにゃんこ、
と、全部で8頭のお世話をしています。
娘と母から譲り受けた子以外は
うちで人なれさせて、人間とうまく暮らせるようになったら
いつかは新しい飼い主さんにバトンタッチをします。
お仕事をしたり、家のことをしたり、まぁ、まともな生活を送れるのは
この子たちがいて、私を必要としてくれるから、
それが励みになっているからだと思います。

近所の保護したノラにゃんこは、灰音さんとイメージが似てます。
他のにゃんこがにゃーにゃーと堂々と甘えてくるのに、
それを見ながら小さな声でにゃ~…とじっと私を見ています。
そばに行って撫でると恥ずかしそうに、でも嬉しそうにすりすりしてきて、
まるでありがとうと言ってくれてるみたい。
抱っこすると喜んでゴロゴロ言いますが、
お部屋に放すと不安らしく、
急いで自分のケージに自分から入ってしまいます。
外見はグレーでふさふさしています。
可愛くてちょっと警戒心が強そうなきりりとした顔つきで、
なかなかの美人さんです。
いつかかわいい子の子たちを灰音さんにもお見せしたいです。

こちらは今日も晴れていて、
私にとっては起きるための良い助けとなりました。
お天気って大事ですね。

朝から灰音さんのブログにお邪魔して、
寝る前にもう一度寄ってみる、
私の良い日課となっています。
ありがとうございます。




狂月さま

こんにちは。いつもコメントありがとうございます。
朝から酒、いいじゃないですか。
自由がそこにあるような気がします。
一般社会的にはだめでも、私たちのような狂った羊たちには狂気も必要です。
1か月の余裕というより、刑執行までの猶予のような気がします。
なんとか乗り切れれば良いのですが、不安が募るばかりです。

ゼラニウムさま

こんにちは。いつもコメントありがとうございます。
落ち込めるのも、まだ底まで行ってないからかな、と思います。
鬱の底に行きついてしまえば、落ち込むどころの騒ぎじゃないですものね。
あがいてでも浮上してみます。

すごいですね!8頭ものワンニャン達。
お世話も大変ですが、それ以上の癒しが帰ってきそうですね。
まるでパピーウォーカーみたい。
一度野良になっちゃうと人間になつきにくくなりますからね、大変でしょう。
でも、何だか幸せそうな様子が目に浮かびます。
私の家も代々猫を飼ってます。ずっと血のつながったアメショーのミックスばかりです。
今の猫は私そっくりと父は言います。
どこが?と尋ねても答えてくれません。きっと悪さばかりしてるんでしょうね。
ゼラニウムさんは、きっといつも頂けるコメントの文面通りの優しい方なんでしょうね。
じゃないと、そんなに皆を飼っていけないし、ワンニャン達もなつかないと思います。
見せていただくまでもなく、その光景が目に浮かぶようです。
いや、見てみたいですけどね(笑)

いつも温かいコメントを頂き、本当に感謝しています。
そのコメントを読ませていただき、返信させていただくのが
私にとっての癒しになっているようです。
ありがとうございます。
非公開コメント(非公開にした場合、匿名性を尊重しレスしない事があります)

Plofile

灰音



name:灰音(ハイネ)

Entry & comment
TOP 10 Ranking
Updated Information
あくまでも、私個人の好んで購読するブログさんの更新情報で、いわゆるリンクとは違いますので、ご了承ください。またクリック先でのトラブルについては一切当サイトは関知いたしませんので、自己解決をしてください
Category
QR
QR