< 2017.04 | 2017/05 | 2017.06 >
12345678910111213141516171819202122232425262728293031      

全く歓迎できない訪問者(バカヤロウ

Category : Life
テーマ : とほほ・・・な日々
ジャンル : 心と身体
小雨が降りしきる中、掃除を終えて一服していたら
玄関のチャイムが鳴った。
見慣れた私服警官と若い制服警官2人のご訪問だった。
最初に事件を起こして保護されてから、定期的にやってくる。

今日の私服は威張っていた。
制服2人は地域課に配属されたばかりだという。
制服も丁寧な口調だったが威張っていた。
なんでお巡りは威張るんだろう。
被害妄想かもしれないけど。

私服が部屋をちょっと覗き込んで「綺麗にしてるね」と言った。
掃除したてだ、バカヤロウ。
「髪も真っ黒に染めて、まじめにやってるね。ピアスはアレだけど。」
「初めての時は真っ赤に染めて、バットで巡査に殴りかかったのこの方。」
いちいち制服に説明していく。うっとおしいなあ。
「悪いクスリとかやってないよね。ハハハ」
「うん。病院の薬だけだよ」
「そうかそうか。で、病気のほうは?」
「ちょっとわかんない。医者に聞いてよ。」
「まあまあ、そんなにとんがらないで。今日はこの2人の紹介に来ただけですよ」
「ああ。どうもです。」
ペコっと頭を下げた。
制服のほうも名乗ってくれたんだけど、いらない情報だからすぐ忘れちゃった。
「6年も前なのに、まだ訪問されるの?」
「うん。やっぱり事件が事件だから、地域の方に説明する為にもね。すまんね。」
「そう。」
そういうと突然私の耳元に口を寄せ
「誰が公務執行妨害、潰してやったと思ってんだよ、バカヤロウ」
とドスの効いた低い声で私だけに聞こえるように囁きました。
やっぱ刑事って怖いです。
「まあ、じゃあそういうことですんで、困ったことあったらいつでも署のほうに。」
一転して明るい声でそういうと、片手をあげて階段を下りていきました。

年に数回だけどこういう訪問があります。
何もしてなくても、何か自分がしたんじゃないかとか
疑われているんじゃないかと妄想が入ってきます。
前に聞いた時には一応「地域の重要指定人物」に名前が載っているそうです。

まあ私は個人的には恩義もあるし、長年見てきた顔なので私服のおっさんは嫌いじゃないです。
でも警察はやっぱり嫌いです。助けてもらうことより厄介になったことのほうが多いし。
元カレと同棲してたときも派手にやらかしましたしね(笑)
とりあえず、今日は掃除し終わった後でよかったです。
部屋みられるの大嫌いで訪問看護もヘルパーさんも断ってますし
行政の人も玄関から奥に入れたことありません。

なんか心の一部を覗かれているみたいで嫌なんですよね。
皆さんはご自分のお宅とか、部屋に人が入ってきても大丈夫ですか?









にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ

web拍手 by FC2

Response: コメント: 6  トラックバック: 0  Edit 06 20, 2016 Back to top
ブログパーツ

Comment

こんばんは。あずきです。
いつもブログ読ませていただいてます(^-^*)

私も、自宅に人が入るのは嫌ですね…。
緊張したり気を遣うので疲れるんですよ。
あと、若干不潔恐怖もありまして…(T_T)

けど、訪問看護とヘルパーさんなしには生活が成り立たないので、言い方は悪いですが、渋々入っていただいてる状態です。

あずきさま

こんばんわ、コメントありがとうございます。
こんなブログでも読んで下さってとても嬉しいです。

やっぱり他人がプライベートな空間に入ってこられるのは嫌ですよね。
雑多なようで、それはそれであるべき場所に配置してあるので
勝手にいじられると、どこにやったっけ?ととても困ります。

緊張とか気を遣うのすごくわかります。
以前は週に一回訪問看護を受けていたのですが、それが嫌でやめてしまいました。

渋々お願いしている状況、理解できます。
おつらい気持ちお察しします。
耐えざるを得ない状況なのですね。
私よりもっと重篤な病状、大変でしょうがブログの更新いつも楽しみにしています。
ほどほどに頑張ってくださいませ。

普通は、

普通は、そうですよね。
私もそうでした。特に、鬱時で片付いてない時が、嫌でした。
一人暮らしの時に、父親が行政に連絡してからヘルパーさんが来ることになりました。大型犬が部屋にいるのに平気な人、同じような年の人、優しい人とリクエストしたら、本当にそのままの方が来てくれて。すぐに仲良くなって、その方が来るまでに家のことして、彼女が来てくれたら、ウチのコ(犬)と3人で円陣くんで、お茶飲みながらおしゃべりばっかりしてました。で、鬱で部屋がグチャグチャな時は、キャンセルしたりして…⁈彼女とは、引越した今でも、数少ない友人で、いい思い出になっています。
訪問看護士さんは、鬱になると病院に全く行けないので、そうすると、薬などにたちまち困るので、最低でも週1は注射してもらえて、クスリ持ってきてもらってます。またまた、年が近くて、多少元気な時には、ガールズトークしちゃったりしてます。

よくあなたみたいな人が、ヘルパーさんとか訪問看護とか、受け入れられたねーと言われることありますが、たまたまいい人に出会っただけだろうなぁ。
だって、老人介護のヘルパーさんが嫌な人間だって
その娘である友人が、ぼやいてますもん。

でも、それでいても、発症さえしてなかったら、こういうこととは無縁で、人に頼るとは、私も焼きが回ったもんだなぁ、って情けなくなることも時々あります。

ぐあぱれいさま

こんにちは。いつもコメントありがとうございます。
早めに薬を飲んだせいか、中途覚醒です。

気の合うヘルパーさんに巡り合えてラッキーでしたね。
それでも私は、特に鬱の時は他人に自分のテリトリーに
入ってこられるのは、だいぶん抵抗がありますね(泣)

その代わり、しんどいときでも自分一人で解決しなきゃいけないけど…
ぐあぱれいさんは、もしかしたら許容量の大きな方なのかもしれませんね。
この病気は他人との接触や繋がりをぶち壊してしまいやすいですから
ヘルパーさんとそういう関係を築けたことはすごいと思います。

灰音さん こんにちは
私も訪問者(友人ではない)を部屋に入れるのは玄関が限界です。
犬もいるのと、若干潔癖症なところがあるので、困ったものです(苦笑)

警察も脅迫まがいのことをしてくるんですね。。。ちょっと驚きました。
見張らなきゃいけない人はもっと他にいると思うんですけどね;

t0m0さま

こんにちは。コメントありがとうございます。

ですよねー。
私も普段はインターホンや、ドアバー越しに声だけで対応するのですが
(部屋の構造上、玄関に入ると部屋がみえてしまうんです)
警察の方となるとそうもいかなくて…。
脅迫というよりも威力偵察という感じですかね。
ご法度のものは家から全て最初の事件の時に押収されてるんで
もう何もないのですが、強迫観念にとらわれてしまいます。

今度鬱で寝込んでいるときに来たら、買い物頼んでみよう(笑)
非公開コメント(非公開にした場合、匿名性を尊重しレスしない事があります)

Plofile

灰音



name:灰音(ハイネ)

Entry & comment
TOP 10 Ranking
Updated Information
あくまでも、私個人の好んで購読するブログさんの更新情報で、いわゆるリンクとは違いますので、ご了承ください。またクリック先でのトラブルについては一切当サイトは関知いたしませんので、自己解決をしてください
Category
QR
QR