< 2017.05 | 2017/06 | 2017.07 >
123456789101112131415161718192021222324252627282930      

父の教え(生きてるけど)

Category : Life
テーマ : 「生きている」ということ
ジャンル : 心と身体
朝はガンガンに暑かったのに、ちょっと小雨が降りだしました。
今日は午後2:30の予約の歯医者さんに行ってきました。
ほんと、急ピッチで工事進めてくれています。
まあ私から言わせれば、普段から1週間に一回じゃなく、詰めてやってくれよって感じなのですが。
こんにちは、灰音です。

私のネット上でのあいさつはチャットでもなければ、「こんにちは」です。
朝でも夜でも夜中でも「こんにちは」。
だって読んでくださる方がいつ何時読んでくださるかわからないので相応しい言葉が中々。
「ごきげんよう」。とかもおかしいですし。

まあリアルでは、全く挨拶しない私です。
というか挨拶する相手がおりません、はい。
悲しいことです。
落ちぶれたニューハーフの成れの果てはやはり孤独。
何人もそういう先輩も見てきたけど、ふさわしいパートナーさんに巡り合えるのは、ほんの一握りだけです。
そんなラッキーな方以外は、孤独な老後を送られています。

女もニューハーフも輝かしいのは若い時だけですね。
その若い時の輝きすら奪ってしまうのがこの病気ですが。
私も発症は20代でしたが、十代後半とか二十代前半で発症した人は本当に惨いと思います。
私は10代後半から20代前半、本当に人生の幸せを全部使い切ってしまったほど
ものすごいスピードで駆け抜けてしまったので
あの時ああすればよかった、もっとあれしとけばよかったとかいう欲望があんまりありません。
枯れちゃった花、ドライフラワーです。

女性ホルモンも打っていたので、ホルモンバランスが崩れ、女性の更年期障害のような症状にも苦しまされました
冷たい滝のような汗が止まらなかったり、動悸、めまい。
元カレには「命の母」を勧められたほどです。
今はもう注射してないので、そういうことはないですが。

もう20年以上前になるんですね…(遠い目
バブルははじけてたけど、まだ余波が残っていて皆お金使いまくってましたね。
お店に入って初めての給料袋はトンと上向きに立ちましたよ。
それでも堅実に家賃2万8千円のビルの屋上に住んでた私は貯蓄もそれなりにあったのに
今はどこ行っちゃったんでしょうね。不~思~議~♪
済州(チェジュ)島のカジノで300万円くらい負けたのが痛かったかな?
いや、その頃の感覚では平気だったような…

まあ昔は昔、今は今。
なんでか私は生活レベルにあまりこだわらないんですよ。
結構いい暮らし(どんなのが「いい」暮らしかはわからんちん)してた人は
生活レベルを落としていくっていうことが難しいとおっしゃる方が多いんですが
私は今あるお金で暮らせるようレベルをすんなり落とせるんですよね。
人と比べて物欲は少ないと思います。でもそれだけ?

父の教育もあると思います。
父は何か買い物をするときや、私にプレゼントをしてくれるときは(ほとんどありませんでしたが)
他を我慢してでも、そのブランドの一番いいやつを買うようにしていました。
結局そっちのほうが、衣類やアクセサリー、時計とか、長持ちするし
どこへ身に着けていっても恥ずかしくないんですよね。

だから私もその教育(?)のせいか、持ち物は全部長持ちするものばっかり。
だから余計なお金をちょびちょび使うってことがあんまりないのかも。
どうでもいい食料品なんかはチャリチャリでダイレックスまで行って安売りのもの買いますけど。
最後に父がずっと口を酸っぱくして言ってたことは、「タバコをやめろ」でした。
ほんとね、これだけはいいつけ守らなくて、自分が損してると思います。
肺癌とか、疾病のことではなくて、経済的なこと。結構圧迫してくれちゃってます。

はっ!まさか父は20年前に煙草増税を予見していたのか!?
んなことあるわけないやねー(笑)
まあそんな父の教えでした
でわでわ♪


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ

web拍手 by FC2

Response: コメント: 2  トラックバック: 0  Edit 06 27, 2016 Back to top
ブログパーツ

Comment

またまた、こんにちは。

私は、20代の頃はホステスさんでした。

バブル時代・・
毛皮着てピアジェの時計してダイヤの指輪して。(笑)

今は、物欲は ないですね。
趣味は、ガーデニングです。

生活レベルは雲泥の差で、全然苦にならないけれど、
たまに昔の仲間のとこに飲みに行くと
やっぱ見栄張るというか
釣りはいらないわ!みたいな感じ?

子供を産む時はそれはそれは悩みましたが、
あのままだったら、アル中になってたかも。

子供に育てられてきたとおもいます。

ゲイの友達が多かったけど、

一人が不治の病を患って、
ふたりで海外に移住して
最期まで看取った、って聞いた時
お互い幸せだったのかな。と感じました。
二人にしか分からない事だとおもいますけどね。


今日は、映画見ようと思ったら、
めっちゃ寝てしまいました~。

クワイエットルーム、良かったです。
私は、通院しか経験がないので、
病棟の事はわからないのてす。

あっ、
工事現場のこと、
働いてる人の事かんがえて
怒らないと誓います。^^
今日も、灰音さんとお話しできて
嬉しかったです!




りえさま

こんにちは。いつもコメントありがとうございます。

懐かしいですね~。
まだクラブではなくディスコと呼ばれてたのかな。
マハラジャ、お立ち台、ボディコン、フッサフサの扇子(笑)

若い頃にやりきっちゃってると、あんまり今物欲というか薄くなりますよね。
でも「お釣りいらないわ」はあるあるです。
私もいまだに夜の街に繰り出すときだけは、あまりケチりません。
その分、普段の生活は切り詰めていますが^^;

私は性自認が女性なので、ゲイとは呼べないと思いますが
そのお二人も最期まで一緒にいられて幸せだったんだろうなと思います。
人の幸せなんて当人にしか理解できないものですからね。様々だと思います。
私は今は過去の輝きを胸に生きていられるので幸せなんでしょうね。

映画とか小説は情報量が多いので脳がパンクしやすいので
見た後、ぐっすり眠れますよね。
りえさんがたっぷり眠れてよかったです。

私もりえさんとコメントのやり取りできてうれしかったですよ^^
まだ少し起きるには時間が早いので、再入眠を試みてみます
でわ♪
非公開コメント(非公開にした場合、匿名性を尊重しレスしない事があります)

Plofile

灰音



name:灰音(ハイネ)

Entry & comment
TOP 10 Ranking
Updated Information
あくまでも、私個人の好んで購読するブログさんの更新情報で、いわゆるリンクとは違いますので、ご了承ください。またクリック先でのトラブルについては一切当サイトは関知いたしませんので、自己解決をしてください
Category
QR
QR