< 2017.05 | 2017/06 | 2017.07 >
123456789101112131415161718192021222324252627282930      

入院1週間目で思うこと

Category : Life
テーマ : 「生きている」ということ
ジャンル : 心と身体
今朝の高知は雨です。
今日で入院して1週間が経ちました。
中庭から見上げる四角い夜空には天の川は見れませんでした。
こんにちは、灰音です。

病棟内ではまだ顔見知りもできていません。
私の中では、顔見知り⇒知り合い⇒友達の順番なのですが
まだ第一段階も踏めていません。
病棟内の患者さん達の大半が非喫煙者ということもあるかと思います。

女性が10人ちょいなのに対して男性は3人です。
半端者の私はどちらのコミュニティーにも属せないようです。
まあ、一日の大半を自室か中庭で過ごしているので
あまり困ることはありませんが、少し寂しいです。

病院に入院するということは治療が目的で有って
知り合いを作るためではないのですが
食・住を共にするからには誰かに声でもかけてみたい気分になります。

寂しさゆえか、ブログの更新も滞りなく、むしろ頻繁なのかな?
ネットの世界に浸かっている時間が長くなっています。
今はYOUTUBEで「池袋ウエストゲートパーク」(懐かしい)を見ていることが多いです。
あとは音楽のミュージックビデオを見たりしています。

中庭では喫煙よりも人間観察していることのほうが多いです。
色んな人がいて面白いです。
病棟の患者さんよりも、付属のデイサービスに通ってらっしゃる方が多いのかな?
なので、デイサービスの閉まる、土・日には中庭は閑散としています。

地域では割と開けた精神病院ですが、中庭に降りてこれるのは解放病棟の人間だけです。
閉鎖病棟では喫煙ルームがあって、1時間に1本の煙草を喫煙することができます。
デイサービスも症状の軽くなられた方達メインなので
中庭は比較的、日常会話等が成り立っています。

そんな日常が淡々と続きます。
その中で、お薬合わせを徐々にしていったり、社会復帰を目指してリハビリに取り組んだりしています。
でも無事に社会復帰できるのは数えるくらいの強い精神力を持たれた方達だけで
後はみんな病院にとんぼ返り、というパターンが多いです。

私もいつかは3ヶ月ループから逃れたいと思っています。
でも今は焦ったらダメだと自分に言い聞かして、日々を暮らしています。
ゆっくり養生して、薬を合わせてもらって、それから自宅療養でない「日常」を送れるようになりたいと願っています。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ

web拍手 by FC2

Response: コメント: 4  トラックバック: 0  Edit 07 08, 2016 Back to top
ブログパーツ

Comment

灰音さん、おはよう

Uninstall 1.01 読ませて頂きました。

計り知れない辛さを背負って、 今を生きている。
言葉にできません。

だから、ご自分でも書かれているように、
焦らないで、ゆっくり養生して下さいね。


りえさま

こんにちは。いつもコメントありがとうございます。

拙い文章ですが、若かりし頃の物語を読んで下さりありがとうございます。
でも過去は過去、と自分では割り切っているつもりなのですが
それ以降付き合った方には、ずっと過去を引きずって歩いていると言われ
破たんする事ばかりです。
「死んだ人には勝てない」と。

でも私は今を生きていかなくちゃいけないから
闘病をあきらめません。
生きていくことをあきらめません。
頑張ります。

入院した時の友達のそれから・・

三人また入院してました
統失のかた三人(うち一人は多重人格、双極性障害、etc含む)でした。
内一人はかなり薬が効いて頭の中の声が少なくなったそうです。
灰音さんの苦しみは灰音さんにしかわからないけど、
少しでも浮上できますようにね。

こたたんさま

こんにちは。いつもコメントありがとうございます。

やっぱり、そうなりますよね。
ループから抜け出せる人と抜け出せない人の違いは
どこにあるんでしょう。
私にもよくわからないんですが、抜け出せるようにしたいです。
非公開コメント(非公開にした場合、匿名性を尊重しレスしない事があります)

Plofile

灰音



name:灰音(ハイネ)

Entry & comment
TOP 10 Ranking
Updated Information
あくまでも、私個人の好んで購読するブログさんの更新情報で、いわゆるリンクとは違いますので、ご了承ください。またクリック先でのトラブルについては一切当サイトは関知いたしませんので、自己解決をしてください
Category
QR
QR