< 2017.05 | 2017/06 | 2017.07 >
123456789101112131415161718192021222324252627282930      

意識の変容。

Category : Life
テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体
今日も母は朝から昼間で仕事です。
私は父に昼ご飯を食べらして、母の帰宅を待って一回自分のマンションに帰ります。
今度は3日の午前中にまた来て、二日ぐらい居る予定ですが、母の仕事によっては事情が変わるかもです。
7日は私の病院です。22日は毎年恒例のM君との飲み会です。

父の介護をさせてもらっているうちに、自分も癒されているような感じを受けます。
常時感じていた虚しさや、慢性的な疲れでダラダラする意識が変容してきたイメージです。
定期的に飲む朝・昼・晩のクスリも欠かさず飲み続けています。
父に規則正しい生活を送ってもらうには、私も規則正しくなくては、と意識しています。

7日の診察が楽しみです。主治医が今の私を見てどう言うかな?
ちょっと上がってると診られて、サインバルタ減らされるかな。。。
出来れば薬はいじってほしくないな。せめて年内いっぱいは。

どうして年内いっぱいかというと、それまでに母が父を施設に預けるか在宅介護を続けるのか決めるからです。
私は…施設がいいと思うんですけど…どうかな。
まあ最終的には母が決めることで、どちらでもフォローをしていこうと思っています。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ

web拍手 by FC2

Response: コメント: 4  トラックバック: 0  Edit 12 01, 2016 Back to top
ブログパーツ

Comment

泣けてきた(ToT)

>常時感じていた虚しさや、慢性的な疲れでダラダラする意識が変容してきた

主治医様も、その辺を
”壁にぶち当たっても何かを得られる”みたいにおっしゃったのかな?

姐さんが本当に痛い壁に当たるのは、わたしも辛いです。
お父様の事、良い方向に動くといいですね。
言うのは簡単だね・・ごめんね。

れいあさま

いつもコメントありがとうございます。

そうですね~。主治医の言った言葉を思い返します。
父の介護をしてると自分の中にまだ「優しさ」という感情の引き出しがこんなにも残っていることに驚きます。
まだあまり壁を壁とも思ってないのですが、日にちが増すにつれしんどさや辛さの壁を感じることがあるのでしょうね。
私もあんまり煮詰まる事の無いよう、休暇を頂いたり、こうしてブログを綴ったり、自分の時間をとるようにしています。

父の先の事。
正解も不正解もない選択肢を選ぶのは難しいですね。
励ましの言葉ありがとうです♪
まだ余裕しゃくしゃくなので大丈夫ですよ^^

灰音さま
虚しさや、疲れが癒されて、規則正しい生活ができる。
言葉を並べたらいいことばかりのように思うけど、実際は大変でしょうし、自制することが必要なのも経験済みです。
介護や看病って正解がないように思います。どれだけしても、後悔が残る。あの時、もっと…とかあんなこと言わなきゃよかったとか…
灰音さんが今の状態を保つことが、一番のフォローのようですね。
風邪などお気を付けくださいませ

mayさま

いつもコメントありがとうございます。

まあ、書かないことも色々あります。
家族の介護はどっかで割り切りをして、ここまでは面倒見る、という線引きをしないと共倒れになってしまいそうです。
回復の見込みのない介護は自分との戦いですね。
不毛です。
私は父の為でなく、あとに残されるであろう母の為に介護を手伝っているつもりです。

もっとも私が今の状態を続けることが出来たらの話です。
しんどくなったら正直に打ち明けるつもりでいます。
非公開コメント(非公開にした場合、匿名性を尊重しレスしない事があります)

Plofile

灰音



name:灰音(ハイネ)

Entry & comment
TOP 10 Ranking
Updated Information
あくまでも、私個人の好んで購読するブログさんの更新情報で、いわゆるリンクとは違いますので、ご了承ください。またクリック先でのトラブルについては一切当サイトは関知いたしませんので、自己解決をしてください
Category
QR
QR