< 2017.03 | 2017/04 | 2017.05 >
123456789101112131415161718192021222324252627282930      

告白。

Category : Life
テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体
思い切り中途覚醒して、再入眠失敗してしまいました。

朝が来たら実家に行かなくてはいけません。
今日も父の介護です。
自分が不調な時の介護は考えるだけでもしんどくなります。

これから大きく育つであろう育児と
一生を終えようとしている人の介護は
内容は似てても気分的に違うんじゃないかなと思います。
赤ちゃん育てたことないからわかりませんが。

ぶっちゃけきついです。
いい加減メンタル弱ってる人間に介護って辛いです。
強メンタルの母親が疲れるまでの持久戦だと思っています。
母が疲れたら否応なしに父の施設への入所が決まると思います。

そうすることが私を含めた家族3人の健全な有り様じゃないかなと思います。
施設へも入所させない、公的サービスも利用させない、身内にしか父を触らせない。
母がここまでエゴイスティックな人間だとは思いもよりませんでした。
父の衛生面や健康面の管理が足りていません。不十分だと思います。

でも実際はどうなんでしょう。
私がそう考えるだけで、父は家にいるのを欲しているかもしれません。
身内だけにしか世話をして欲しくないのかもしれません。
どっちが幸せなのか、本人ボケちゃってるのでわかりません。
自分が今どこにいるのかもわかってないのです。

この間は、冷食を自然解凍してるうちに封を破いて手づかみで食べて
卵スープの素の塊をかじっていました。
便を漏らしたオムツを脱いで隠して、布団も自分の足も汚して寝ていました。
24時間、父を見守ることはできません。

まだ限界ではないですが、状況が私を追い詰めます。
実家に行く度に薬をODして半分ラリって面倒を見ています。
薬が足らなくなったのはそういう理由です。
「からくりサーカス」でゾナハ病にかかった子供たちを延々笑顔で看護する医師や看護師の気持ちです。
(わからない人ごめんなさい)

書いちゃいけない事まで書いてしまった気がしますが、どこかで吐き出さないとダメになりそうです。
読んでくださってありがとうございます。
ご気分を害された人はごめんなさい。
私はこういう人間です。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ

web拍手 by FC2

Response: コメント: 10  トラックバック: 0  Edit 12 17, 2016 Back to top
ブログパーツ

Comment

個人的な想いですが 吐き出せてよかったと思います。
姐さんがどれだけ辛いか ちゃんと察する事が出来なくて
お気楽なコメントも私は多かったような気がして、ごめんなさい。


>これから大きく育つであろう育児と
一生を終えようとしている人の介護は
内容は似てても気分的に違うんじゃないかなと思います。

そうですね、
育児には、しんどさもあるけど喜びもある。
終末介護は、仕事での経験しかないので 詳しくは控えます。
でも意味はわかるつもりです。

ゾナハ病の例えは、人を笑わせないと進行してしまう病だったでしょうか。


今日は、コメントはここまでで・・・
お返事に悩んだら、スルーしても構いませんからね。。

お疲れ様です

おはようございます。
睡眠摂れてない状態で介護、なのですね(T_T)

いろんな愚痴は、吐き出しちゃってくださいね。
私も介護を仕事でしていた経験上、的外れなコメントしてしまうかも知れませんけど
許してください。

ケアマネさんは、灰音さんの状態をご存知でしょうか?
健康なお子さんとして在宅介護のマンパワーとして考えられると、灰音さんの辛さがちゃんと伝わらないと思います。

後、家族だけで介護したいと考える方は、多いですよ~
お母様が特別エゴイスティックではないのでは?

とにかく、この土日、乗り越えられますように!

灰音さま
おはようございます。
ご自身の体調管理だけでもきついでしょうに、頑張っておられますね。
愚痴を吐いて少しでも楽になるのならいくらでも。お聞きすることしかできませんが。。。

勝手なことを言っていたらごめんなさい。

介護の悪循環にはまっている気がします。
灰音さんがそうなってしまうのがわかっていました。
なんて言うと「知らないくせに」となってしまうかもしれませんが。だからこそ、気負わず焦らずてきとお~にと言いました。
命に関わらないことならば、ある程度は好きにさせておいても大丈夫だと思います。お片付け、見つけたとき、とても精神的なダメージ、あるかと思います。
仮にインスタントの炊くラーメンをそのままかじっていても、ベビースターと変わりません(インスリンあるのでそう簡単なお話ではないかとおもいますが)。
「普通」は炊くラーメンなのに、「生で」「かじった」!…と引っ掛かってしまうと悪循環なのです。
難しいですよね、言うのは簡単、やるのは難し。

老いていく人間、成長していく人間。
どちらも赤ちゃん。
たしかに、赤ちゃんには先があります。手をかける甲斐もあるかと思います。
でも、老いていく人間も一応、学習はしています。
すぐ忘れますけれども(^_^;)

もう一度、気負わず焦らずてきとお~に。
何度か呟いてみましょう?

なにも知らぬ他人が勝手なことを言っていたらごめんなさい。

なんと、お声をかけたらいいのか…。

お父さまのそのご様子では、家族だけでの介護は
厳しいと思います。 
お母さまのお考えが変わればいいんですが…。

我が家はまだ介護の段階ではありませんが
遅かれ早かれ、灰音さんと同じ状況になるはず。
もうこの先、良くなる事はないですものね。
この頃は年が明ける度に先を思い、憂鬱と不安に陥ってしまいます。

私の友人も5年前からお母さんの介護を在宅でしています。
(私のアドバイザーです)
彼女は独身のイラストレーターで、自宅で仕事をしています。
時々お姉さんが手伝いに来てくれてるようですが
1人でお世話しています。

最初の2年が地獄!で、心身ともに疲弊して限界間近だった、と。
共倒れになりそうだったので、今はあらゆるサービスを受け
時々は預けて自分の時間を確保して過ごしているようです。
とにかく1人で背負い込まないようにと言われています。

お父さまの主治医に相談してみてはどうでしょう?
お母さまを説き伏せて?頂けたら…。
せめて訪問看護師さんに来ていただくとか。
我が家は今、訪問看護師さんが2週間に1度みえてますが
いろいろ相談出来てホントに助かってます。
リア王みたいな?父との橋渡しをしてもらってます。

このままじゃ、灰音さん自身が危ないですよ!
なんかハラハラしながら記事を読んでいます。
そして、長い上にお節介でごめんなさい…。






れいあさま

こんにちは。
いつもコメントありがとうございます。

れいあさんが謝る事、何もないですよ^^
どこにもはけ口が無くて、一番身近なブログを使って吐き出してしまいました。
まとまらない文章でお目汚し申し訳ありません。
また吐き出すかもしれませんが今後ともよろしくお願いいたします

もものすけさま

こんにちは。
いつもコメントありがとうございます。

ご家族だけの力で面倒を見たいと思う方多いのですね。知りませんでした。

ケアマネさんは私の病気知らないはずです。
母が親戚にも隠していることなので…。
そこまで?というぐらい世間体を気にする母なもので。

今週はまともに眠れたのが2日ぐらいで、慢性睡眠不足ですね。

今日も昼食後、父が30分おきに何の用事もないのに「おーい」と叫ぶもので
ウトウトしては起きての繰り返しです(泣)。

mayさま

こんにちは。
いつもコメントありがとうございます。

読まれて不快に思われる方もおられるだろうと思いつつ、書かずにいられませんでした。
ご気分悪くされたなら申し訳ございません。

体調管理…というよりも自己抑制をするのに精一杯です。

ホットケーキさま

こんにちは。
いつもコメントありがとうございます。

「気負わず焦らずてきとお~に」心がけてるんですが
「急いで素早く正確に」みたいな元来の性が勝ってしまうようで。
そんなだから病気にもなるんですよね。

つい真剣になっちゃいます。

たぶん悪循環のまま、なるようになっていくんでしょうね。
母も私の病気にはわかってて、わからないふりをしてるので
いよいよ追い詰められたら主治医に相談して逃避強制入院させてもらいます。

mikotoさま

こんにちは。
コメントありがとうございます。

父も母も必要な時にだけ利用できる私としてしか見てないと思います。
父が倒れる以前、母は私が実家のマンションに出入りするときは
エレベーターだと誰かに合うかもしれないから非常階段使って、と言ってた人です。
私が恥かしい存在なんでしょうね。

私もそういうバックボーンがあるから、余計にしんどいんだと思います。
もしかしたら主治医に私の存在を言ってないかもしれないし
できた息子だから大丈夫みたいに格好つけてるかもしれません。

目に見えない病気って本当損をするというか、辛いですね。
非公開コメント(非公開にした場合、匿名性を尊重しレスしない事があります)

Plofile

灰音



name:灰音(ハイネ)

Entry & comment
TOP 10 Ranking
Updated Information
あくまでも、私個人の好んで購読するブログさんの更新情報で、いわゆるリンクとは違いますので、ご了承ください。またクリック先でのトラブルについては一切当サイトは関知いたしませんので、自己解決をしてください
Category
QR
QR