< 2017.04 | 2017/05 | 2017.06 >
12345678910111213141516171819202122232425262728293031      

読書という嗜好品。

Category : Life
テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体
寝ていたら、見知らぬ電話番号から電話がかかってきた。
普段は知らない番号には出ないのだが、寝ぼけていて応答した。
男性の声で、私のWeb上にアップした短編小説を出版しないかと言う事だった。
で、散々説明を受けた後、単車のレースものを一本書いてくれと頼まれた。
ふむ、読者受けは悪いと思うが…でお宅様はどこの出版社?と聞くと
『フランス書院文庫』と答えられた。
ブっと噴き出すと同時に目が覚めた。

お子様が手にしてはいけない出版社だ。
酷い夢オチだった。

出版社と言えばコバルト文庫とかどうなったんだろう。
ジュブナイルものを扱う、今でいうラノベの元祖みたいなものを出版してた。
氷室冴子さんとか懐かしいなあ。
小学校の授業中は延々読んでた気がする。

そういえば村上春樹さんが新しい著作を出したらしい。
私は村上龍派なのであまり興味はない。
『トパーズ』とか最高傑作だと思っている。
ゆがんだ性志向である。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ

web拍手 by FC2

Response: コメント: 10  トラックバック: 0  Edit 02 27, 2017 Back to top
ブログパーツ

Comment

いつも読ませていただいています

フランス書院文庫から直々のオファーとか、すごいですね!
でも電話番号、なんでわかったのかな?と思いました。


コバルト文庫懐かしいです。
小学生の頃読んでました。
氷室冴子さんも読みました。

今思うと、古い作品だったのかもしれないけど、富島健夫氏とか赤松光夫氏とかも読みました。
でもこのお二人、官能小説方面で、お見かけすることもあるような。

自分も昔は創作してましたが、今はまったくです。
読むことすらあまりしなくなってしまいました。

某さま

はじめまして。
コメントありがとうございます。

あ、書き方悪かったです。夢落ちです。

懐かしいお名前が出てきますね。
ジュブナイルものをかける人は、まだあまり頭脳が発達してない(?)子供向けに
理解できるようにストーリーを展開していくので筆力が求められると思います。
夢枕獏さんとか、間違えて大人向けのを買ってしまってひえ~と思ってしまいました(笑)

病気しちゃうと集中力がなくなってダメですね。。。

灰音さま
この2,3年でしょうか。全く本が読めなくなってしまいました。
興味がある分野でも、作家さんでもダメなんです。
集中力の問題なのか、老眼も関係してるでしょうし…雑誌の写真眺めるくらいになってしまいました。インドア派で本の虫だったのに。不思議です。
辛うじて、PCやスマホは今のところ大丈夫の様です。
お父様との時間、いずれ懐かしく思う日が来ます。程よく、いい塩梅でね。

正夢では?

かねがね灰音さんは出版されたらいいと思ってました。
正夢にして下さい。
待ってますネ!

(今日は病院で疲れました。感情が平坦で何も感じなくなりました。気ぃ上げてと真剣にお願いしました。届いてなかったみたぃ・・)

こんばんは。

私も灰音さんの作品を読んでみたいです。
楽しみにしています。

…村上春樹さん、私の読解力がないせいか
よくわからないんです。
「ノルウェイの森」は、なんとか…。

フィッツジェラルドが好きなので
村上春樹訳を読んでみたいな、
とは思っています。

mayさま

こんにちは。
いつもコメントありがとうございます。

集中力の欠如と、老眼のWパンチ、私も来てます。
活字大好きだったのが、読めなくなりました。残念です。
文庫本サイズになるともうお手上げです。
病気と寄る年波には勝てませんね。とほほです。

こたたんさま

こんにちは。
いつもコメントありがとうございます。

感情の平坦化が医者の最も扱いやすい患者なんじゃないでしょうかね。
私もそうなってから、上がる薬出してもらえません。
ジェットコースター人生もつらいですが、波のない人生もつらいですよね。

mikotoさま

こんにちは。
いつもコメントありがとうございます。

私も「村上春樹ブランド」になってからはあまり興味がもてません。
作品にうまく入り込めないというか…。
本って登場人物に感情移入できないと読破しにくいですよね。
なかなか難しいものです。

お久しぶりです。
ようやく冬眠から覚めつつありますが、いまもふらふらしています、、、

フランス書院!!! 灰音さまのカンノーショーセツ、読んでみたいです(笑)。
氷室さんのお名前ご存知なんですね。うちの本棚、いまも氷室さんの本、並んでます。
トパーズ、一度読んでみようかなあ、、、
自分もこのごろ病気のせいか年のせいか、本が読めなくなってきました。

ラノベ、ジュブナイル、官能小説って読者の吸引力がいるような(いっしょにしていいものかどうか)。
団鬼六のエッセイ読んでると、読ませるのがうまなあ、って思います(書いていいものかどうか)。


bluesnowさま

お久しぶりです。
コメントありがとうございます。

冬眠が過ぎて私は春眠に引き続きそうです(笑)
「なんて素敵にロマネスク」とかね。懐かしいですよ~。
トパーズは映像化もされてますので一度お試しあれ。

小説とかもう活字が老眼できつくなってきて、しばらく離れております。
団鬼六先生の作品も私は大好きです。
非公開コメント(非公開にした場合、匿名性を尊重しレスしない事があります)

Plofile

灰音



name:灰音(ハイネ)

Entry & comment
TOP 10 Ranking
Updated Information
あくまでも、私個人の好んで購読するブログさんの更新情報で、いわゆるリンクとは違いますので、ご了承ください。またクリック先でのトラブルについては一切当サイトは関知いたしませんので、自己解決をしてください
Category
QR
QR