< 2017.05 | 2017/06 | 2017.07 >
123456789101112131415161718192021222324252627282930      

宗教・愛・獣

Category : Life
テーマ : 双極性障害(躁鬱病)
ジャンル : 心と身体
昨夜は、23時頃から今朝6時までネット(漫画)喫茶で過ごした
「うさぎドロップ」の原作漫画を読破した後は、他に特に読みたい漫画もあるわけではなく、久しぶりに一人でドリンクバーを行き来しながら色々とぼへーっと考え込んで時間を過ごした。
よく行くその漫画喫茶は22時からフリータイムで10時間、¥2.000未満だ。
一人で、彼の部屋では無い場所で色々な事を考えるのは久しぶりの事だった。


宗教

 信仰と言い換えてもいいのだろうが、微妙にニュアンスは違う
もっと狭義的な意味で、自分の信じる道を示唆するものを指して宗教とまとめてみた
宗教とは、やはり神(語弊があるのは重々承知だが、他に見つかるものがない)が存在し
それはコーランでも聖書でも神道でも仏教などのあらゆる宗教の中にある
だが突き詰めれば、それは雲の上でもなく地の底でもなく、聖地でもなく
普通に人々の心の中に、千差万別の「神」が存在し
その「個の神」を信じて思考、判断、行動に出るのだと思う
 私の神はとても優柔不断で、葛藤し、内省的だ
神=思考や信念、心の拠り所と言ってもいいと思う
繰り返すが、神は人の心の中にこそいる
そして私に宿る神はとても俗世的で
金銭的に充実していればプラス指向の預言を与え
金銭的に困窮していればマイナス指向の預言を与える
「地獄の沙汰も金次第」とはよく言ったものだと思う




 愛って何だろう
人間だけが持ち合わせている感情だろうか?
私はそんなことはないと思う
じゃあ哺乳類だけか?生態系のうち哺乳類だけが持ち合わせているとしたら
それは「普遍的な愛」ではなく「幻想」に過ぎない
 まあ広義的な話をできる程、私は見識もなく、医学的な分析もできないので
愛の中でも「対人間」の恋愛感情の「愛」にだけ的を絞らせてもらう
 結論から言わせてもらうと「愛は金で買える」
もちろん、反対意見が多いと思うが、これならどうだろう?
反証的な例になるが「金銭面での破綻で愛は薄れ、崩れ去る」
身に覚えがあったり、ああ、あるよな。と思われる方もいると思う
それだけ曖昧で、喜怒哀楽とは違った感情であり、脆いものだ
もちろんそんな例ばかりではないのは重々承知している
だが、読者の方々の賛同を得るために書いているわけではない
私はそう思う、という主張をしているだけなので
目くじらを立てずに読み飛ばしてほしい
「この世の中で金で買えないものは無い」
愛とは不鮮明でひどく曖昧な、人間の作りだした幻想に過ぎないと思う




 長々と書いてきたがこれで最後
上の二つの「宗教」と「愛」を持ち合わせていない、もしくは
喪失してしまった人間には「道徳」しか残らないように思う
その道徳は社会的、家庭的環境ではぐくまれるものだ
中世のキリスト教徒(十字軍の事)、現代の拝金主義のアメリカ
コーランを生きる指針とするイスラム教徒、そして現代日本
例を上げれば枚挙にいとまがないが
それぞれの地域性や信教によって道徳は数えきれないほどある
一方の道徳に従い行動すると、もう一方は「野蛮」であると断ずる
 道徳とは社会的共同体の不可視のルールのようなものだ
私はそんなものは糞喰らえと考えている
(じゃあ禁煙席で喫煙したり、ゴミ出しの日を守らないかと言われるとそうでもない。そういうのは道徳ではなく「処世術」や「マナー」というのだ)

「宗教」「愛」「道徳」の抜け落ちた人間を、人は「獣」と呼ぶ
哀しい獣だ
世間一般の枠になじめない獣
自分から心を開かなければ、相手も心を開いてくれない
分かってはいるけど、本能が邪魔をする
皆、自分の中の獣を飼い慣らし社会と折り合いをつけて生きていく
なのに私にはそれができない
この差はどこから生まれ、どこまで肥大化していくんだろう

進化や遺伝の樹の事はよくわからないが
家畜化される前の犬は、犬の原種、遡ればオオカミと言う名の獣だったという
そして今、絶滅の危機にあるという
獣はやはり淘汰される運命にあるのだろうか?



長々と駄文を読んで下さりありがとうございました。 




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ

web拍手 by FC2

Response: コメント: 0  トラックバック: 0  Edit 10 06, 2011 Back to top
ブログパーツ

Comment

非公開コメント(非公開にした場合、匿名性を尊重しレスしない事があります)

Plofile

灰音



name:灰音(ハイネ)

Entry & comment
TOP 10 Ranking
Updated Information
あくまでも、私個人の好んで購読するブログさんの更新情報で、いわゆるリンクとは違いますので、ご了承ください。またクリック先でのトラブルについては一切当サイトは関知いたしませんので、自己解決をしてください
Category
QR
QR